片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
個展に向けて作品をいっぱいつくっている。

そんな中、今日は岩鞍ホテルの売店に置いてもらってるアクセサリーの追加オーダーが。

久しぶりに行ってみると、戸倉婦人会で炭アクセサリー講座を受けてくれた方がフロントにいた。

炭アクセサリーは大好評だったらしく、またやりたい!ってみんなが言ってくれてるって♪

あんなに若い人が出てきたのは初めてだったそう。

嬉しいな~。

そんなことで岩鞍ホテルでもホテルのお客さんに講師をしてと、仕事をいただけることになりそう!

こんなに炭アクセサリーが広がるなんて。。

そして。。

「みっちゃん!からしが霜にあたる前に三升漬けつくらなきゃ!」としずあんねーから電話。

岩鞍ホテルのすぐ近くに住んでるしずあんねーの家に行ってみると。。

入るなり。。「かれー!!!」家中がかれー!って感じです。


20081028221020


なんとしずあんねーはもう三升漬けを8瓶もつくり、さらに親戚の分も大量につくっていた!!

親戚だってそんなに食べないだろ。。って思ったら、親戚の人がまた近所の人に配ればいいんだ!
って。

しずあんねーの家に来る前にカヲル婆さん家に寄ったら「しーちゃんに(二人は同級生)野菜もってけ!あればあったで近所の人に配ればいい!」って同じこと言ってた。

すごいと思いませんか?

都会の人にあげても「こんなにはいらない」ってよく聞くけど、「近所の人にあげるね。」って中々聞かない言葉だよな~。

しずあんねーが三升漬けを作り続けるのと、カヲル婆さんが味噌を作り続けるのは同じ理由があるような気がした。

私もそうでありたい。


しずあんねーにもらった「かれーからし」と「とにかくかれーからし」は自然栽培だと成長が遅く少ししか採れなかったが、しずあんねーはメチャメチャた~くさん収穫して、私たちや三升漬けファンの笠松おじさんにもくれた。

家に帰って遅くまでセトヤマさんとからしをひたすら切りました。。

これで今年の冬は毎日の鍋がうまくなる!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/821-c068e822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。