片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20081017160345


今日は、日本橋の某銀行に勤める素敵なOLさんと一緒に行商です。

彼女は毎日パソコンの中のお金を相手にしていると言っていた。

銀行では不正がないように平日に休みをとることがあるそう。

その休みを利用してカタカタとそしてこれから長野の農家体験できる宿への旅。

お金の感覚がわからなくなるのが嫌で、人間らしさを取り戻す旅を選んだ。

そんな仕事したことないけど気持ちはよくわかる気がした。

凍えながら朝の収穫も手伝ってくれた。

素敵なOLさんに(着てるものも違う)なんか申し訳なくて「休んでて。」と声かけたけど、「寒くない。大丈夫」って最後まで頑張ってくれた。

ただ体験って言うだけではなく、一緒になって働いてくれて。。なんだかジーンとした。

丸沼は見事な紅葉!!

きれい!!

まだ元気なカタカタ野菜にみんなびっくりしてました。

自然農の野菜は、成長はゆっくりだけど寿命は長い。人間と同じですね。

アルフさんに言ったらこんな嬉しいお話が聞けました。

しな、せつ姉妹が片品村で行われている「猿追い祭り」に参加し、そこで「猿を追いながら来年の農作物が動物に荒らされないように願う」と聞き。。

来年はカタカタの野菜が動物被害に合わないように一生懸命お願いしながら走ってくれたそうです。

涙。。

本当に今年は獣害に悩まされたけどその分応援してくれる、カタカタ畑の思いを共有している仲間がたくさんいることを知りました。

この「猿追い祭り」は300年もの歴史があるそうです。

来年はいってみようかな。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/808-0a5e2b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。