片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10月8日
尾瀬高校の全校生徒さん、180人の前で講演してまいりました。

体育館。。久しぶり。

最初にお決まりのドキュメンタリーを見ていただいて、感想や質問を書いてもらった。

その後、私の高校時代の話から片品村に来るまで話などをした。


続いて、前日に顔合わせしたメンバーと対談。

私から地元の高校生に聞きたいことを尋ねた。

昨日の打ち合わせではけっこういい話がでたがやはり全校生徒の前だとあまり話は進まず。。

う~ん。高校生の気持ちを聞くのは難しい。まぁ自分もそうだったけど。

みんなあまり聞いてないみたいな感じだったが感想を読むとびっくり。

すごくいいことが書いてあった。

「外から見なくちゃわからないか片品のよさを知った。」

「片品が嫌でしょうがなかったけど見直しました。」

「私も将来は片品に住んで野菜をつくりたい。」

「都会から若い人が来て農業しているなんて知らなかった。」

「都会の暮らしがうらやましいけど、都会の人は逆に田舎の暮らしに憧れてるんだ。。今までわからなかったけど、今貴重な経験をさせてもらっているのだから一生懸命がんばろうと思う。」

「農業は人を変えるんだ。」

「目指したい。」「かっこいい!」

「カタカタハウスに行きたい!」「無農薬野菜食べたい!」

「おばあちゃんに料理習いたい。」

「やっぱ片品いいところだ。」

などなど。すばらしくみんな何かを感じていた。


意外~。

そして講演が終わったら、知り合いの娘さんたちに声をかけられた。

こんなかわいい娘さんがいたんだ~。。

「お父さんとは口利かないから。」って。

普段知ってる人の父親の一面も見れた。

地元ってすごい!

放課後やることがないという高校生が結構いることを知って。。だったら今度遊びにきなよ~!って感じで今度の感謝祭にもお誘い。

高校生に来てもらえるといいな。



最近、ポンタ農場にも何か動物の気配が。。

笠松おじさんにつくってもらったししおどしをセット。

20081009174608
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/800-e14c8eda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。