片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は週に一度の行商日。そう。あれから猿の被害はありません。

でも今年は本当に野菜がうまくできません。

獣害の次は天候。。

大人気商品のサラダミックスは長雨で溶けてしまいました。。

どんどん作ってるはずなのに。。今週は予約をいただくほど収穫できませんでした。。

去年はこんなに注文があったのかな??って思うほどサラダミックスの注文は多くて定着しているのがわかります。
ありがたいです。

丸沼の人たちと楽しい時間を過ごした後、炭アクセサリーのパーツをつくりにいきました。

途中、居候させていただいていた工房ヌーさんでおしゃべり。

この春、農協を退職したトクさんがいた。

トクさんは私がかなり尊敬するやり手の人で農協の加工品開発したり、早くから尾瀬ビル(行者にんにく)をたくさんつくっている。

トクさん尾瀬ビルで儲けて海外旅行に行った話を聞いた。すごいな~。

そして今年チャレンジしようとしているにんにくについて教えてもらった。

「片品は寒暖の差があるからそれをいかした作物をつくるのが一番だ。にんにくはいいよ!特にホワイト六片!でも百姓なんだから1を100にできる作物のほうがいい。にんにくは頑張っても1を6にしかできないからね。」

「ミチコちゃんはそのくらいでいいんじゃない。」とヌーの京子さん。

「確かに。。」

「あと、大白大豆の味噌はいいよ。あの大豆には特徴がある。味噌は続けな。」

「はい!!」

時間がかかるけど尾瀬ビルを徐々に増やして1を100にしちゃうトクさんはやっぱすごいな~。

それに尾瀬ビルなら獣害はない!いいね!

よ~し。うちらは六姓でも頑張るぞ~。と炭焼き師匠の家に行くと、ウララちゃんと出した炭を切るカヲル婆さんの姿が!真っ黒だ。。

そんなカヲル婆さんに差し入れを持ってくる近所のおやっさんねー。現在96歳。

20080906081817


「カヲルが夕飯作るのも大変だと思ってね。少しでも足しになるだろ。」

真ん中のザルはみょうが!他にも野菜の差し入れ。

「おらぁ、カヲルにおどされても差し入れ持って来るからな。」

「おらぁ、おやっさんねーをおどすほど偉かねー」


この二人が下小川味噌加工所を守ってきたんだ。

そしてカヲル婆さんが今も味噌加工所を守り続けるのもなんとなくわかるような気がする。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/766-f873b3c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。