片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
片品の宿やレストラン何軒かに炭アクセサリーを販売していただいてます!

今日は「千明館」という温泉宿、に納品に行きました。

炭アクセサリーを置いていただいている上に温泉までいただいている。ありがたい。

鮮明な写真ではないので見えにくいけど。。

炭アクセサリーがすごく映えるお土産コーナーなんです。

20080703205833


「千明館」さんとは不思議な縁で、片品に来るようになった実家の両親が私のプレハブ小屋には泊まりたくないと、自分達で予約したのが知り合ったきっかけだった。

それから両親は常連客になっている。。

両親が泊まりにきた際、夕食だけご馳走になったがここである気づきがあった。

長年の接客業のせいで、どこに行ってもどーしてもお客の雰囲気や従業員の態度が気になる。

その日、家族連れのお客さんでなんとなくつまんなそうにしている小学生の男の子が目に付いた。

「あの子を楽しませるのは難しいな。。」
と思っていたら。。

翌朝行ってみると、男の子が超笑顔で宿の女将さんと話しているではないか!

共通の話題を見つけて歩み寄る女将さんの姿をみて、この人の接客はすごい!!感心した。

両親に「なんでここの宿なの?」と聞くと「女将さんがいいからね。」

接客業はほんの短い時間でどれだけその人の心地よさを読み取れるかだと思う。

十人十色いろんなタイプの人がいるからできれば、いろんな引き出しを持っていたい。

持てないときはまず笑顔。


心地よい温泉宿です。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/709-f7e25fd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。