片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ニサブロウ爺さんのお葬式は自宅で行うことになった。

私達は班が違うので手伝いはないのだが、「オキヨ婆さんの願いで二人にはどーしても手伝ってもらいたい」といわれ2日間お手伝いすることになった。

「お爺は二人が来ると孫が来たみたいだ~って喜んでたんさ。お爺のために助てくだい。」



最近は葬儀場に行うことが多く、自宅で葬式をするのは4年ぶりのことらしい。

オトコシは告げに行ったり、花輪を組んだり。

オンナシは部落の集会場でひたすら料理をつくる。

先輩方についてとにかく手を出してみるがあまり役に立てなかった。

昼飯、晩飯、ニサブロウ爺さんの出棺がいつだったか、見送ることもできずただただ、あっと言う間に時間は過ぎた。

明日もまた7時から集会所で食事つくり。

ニサブロウ爺さんは、きっと村の寄りことを覚えるチャンスをくれているのだと思う。

もう一日頑張ろう。
スポンサーサイト

私はもう、17年前に うちのじいちゃんが亡くなったとき自宅で葬儀をあげました。まだ小学生だった私には、 人の死や多くの人が参列してくれたことなど
鮮烈に記憶しています。
じいちゃんばあちゃんと一緒に住んでいて、病気の時に力になれなかったもどかしさが、ずっと引っかかって今は看護師になってます







2008.05.24 00:56 URL | なおちん #- [ 編集 ]

オレも故人との事を「仁三郎さくら」と題して書いてみました。

2008.05.24 05:42 URL | Gonsuke #- [ 編集 ]

なおちんさん
そうですか。。おじいちゃんとおばあちゃんきっと天国で喜んでますね。

私もこの日を忘れません。

2008.05.26 07:52 URL | ミチコ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/669-14813f6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。