片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
えびさんに「みちこちゃんの勉強になるから!どきどき行こう。」と言われていた。
無農薬野菜、玄米ご飯などのバイキングをやっているレストランらしい。

それを茨城農協がやっているんだからすごいな~。う~ん興味津々。


いきなり駐車場が満車で入れない!

やっとレストランにたどり着いたら1時間半待ちだという。。。

平日なのにすさまじい人気で活気に溢れている。

時間どうやって潰そう。。

それも安心。

「どきどき」はレストランだけでなく、大きな直売所、こぶたや、ヤギなどのミニ動物園、バーベキュー、体験施設なんかもあってお年寄りから子供も楽しい食と農と遊びのテーマパークみたいになっていた。

なのでウロウロしていればあっという間に1時間経ってしまう。

直売所に並ぶ野菜は「エコファーマー」といって減農薬、減化学肥料で作った野菜たち。

どこまで「減」かはわからないけど。

やっと、レストランに入れた。中をみると驚きだった。
なんせ調味料にこだわっていたからだ。

すべて事細かに記されてあって、1500円という金額でどうしてここまでできるのか不思議。。

ちょうど従業員の人(店長さんかな?)がお客さんに話しているのを盗み聞きしてしまった。
「僕の子供がアトピーで、朝起きると血まみれになっている状態が続き、自分に何かできることはないか考え、子供が安心して食べれるレストランを作ろうと思った。」

だからどきどきは「アトピーの方には何かあったらお尋ねください。」って細かく書かれていた。

すごいけど、それだけでこんなレストランを農協で立ち上げることは不可能なはず。。

だれか仕掛け人がいるな。。

と思ったら、案の定!熊本の「ティア」という自然食品店をやっている元岡さんが指導を受けていることが発覚!
元岡さんの「もったいない食堂」に感銘を受けた人が頼み込んだみたい。

「ティア」??どこかで聞いたことがあるな。。

あれ~?増刊現代農業に載っていたお店だ~!

さらにkaiさんを通じて炭アクセサリーを注文してくれ、熊本でたくさん宣伝してくれたミネコさんの働いているお店ではないか!!!

さらに盗み聞きを続けると、3ヶ月に一度、元岡さんが指導に来る、今日はその日!元岡さんが熊本から来ている!

なんだか運命を感じ、帰りに庭で会議中だった元岡さんを発見し、声をかけた。

説明すると、かなり驚いた様子で。「なんで??これは偶然なの?え?たまたま?」を連発された。

色々話したかったが、向こうも会議中だったので一つだけ質問した。
「茨城農協さんでこれだけのことをされるのは、とても驚きました。一人では無理だと思います。どうやってみんなの意識を持っていたのですか?」

すると元岡さんは。。

「この人達の表情をみてください。」

会議メンバーは茨城農協の職員3名、40歳くらいかな?素敵な笑顔の男性達だった。

この人たちがどきどきの基軸になっているんだ~。

何事も一人ではできない。目指すものが近い仲間が集まれば、なんだって可能なんだな~。



2日後、山村塾で出会った食環境ジャーナリストの金丸さんからこんなメールが届いていた。

『月刊JA』5月号(5月1日発売 ホームページ掲載16日)は、茨城県茨城郡茨城町の「ポケットファームどきどき」です。 地域の農家100軒が連携する直売所。有機栽培の野菜でレストランを展開。すべて手作りのものしか置かないという徹底した、コンセプトで、70万人を集め、売り上げ11億5000万円となりました。

なんという偶然というか運命?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/627-1f51c312

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。