片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は炭の入れ替え日。

炭窯温浴が気に入ったようで今回もマミさんとマイちゃんがお手伝いに!

いや~昨晩ものすごく雪が積もったせいで今シーズン一番辛い入れ替えでした。
日頃手入れのいい師匠家。
道具がみんな雪に埋もれて宝探し状態。。

薪も雪まみれで冷たいは、重いは。。


そんな中おもろいコトが。。
入れ替えも慣れたものでだんだんと行動パターンとそれぞれの係が決まってきた。


私はいつも師匠の家に着いて、まず炭のこたつに入り暖まり、みんなで「ちりとてちん」を見る。

その後、勝手にインスタントコーヒーを入れ勝手に冷蔵庫から牛乳(普段は飲めないので)を手にする。

「あれ?珍しく牛乳がない!」

すると師匠が。。

「牛乳買いに行ってくるわ~」
と。。


力作業の入れ替えはだいたい息子のケンイチさんと私の役目。

師匠はなぜか買い物係と入れ替えの仕上げである、粘土をねって窯に塗る「ねば」をつくる係。


師匠なりの「差し入れ」だろうか、いつも買い物のレパートリーは一緒。

20080229193840


大量の菓子パン。


最近、師匠は体調を崩したせいもあって、前回から「ねば」係を私がやらせてもらっている。


寒さで途中休憩した。

「まぁ~ちと休め!」と言ってくれる師匠。


師匠家にあがり、炭のこたつに入る。


みんなにお茶を入れようとポットを押す私。。


「あれ?お湯がない。。」
すると師匠が。。

「何~それゃ炊事係がたるんどる!!」

とポットに水を入れ沸くまでポットを見張り、沸くとすぐに全員分のお茶を入れてくれた。

20080228191659


どうやら師匠は炊事係になったらしい。。(笑)
スポンサーサイト

はじめまして。鹿児島市在住のちゆきと言います。雑誌で桐山さんのコメントを読み、共感できる考え方をお持ちの方だと大変感動しました。私も笑顔で素敵なお母さん、そして食育や毎日の生活リズムと自然とが調和することを子供に教えていきたいのです。私は現在独身30才です。幸いなことに有機無農薬ネットワークを20数年、家族で継承されてる方が鹿児島市におり、今そしてこれからをその様な意識を持つ方々との交流を大切に生きていこうと、私も心の病気になって以来強く感じるようになりました。桐山さんの様な考えをもつ若い方々と交流をもてると大変嬉しいなと思い、この場を借りてご連絡しました。よろしくお願い致します

2008.02.29 09:05 URL | ちゆき #POQ5NLzM [ 編集 ]

ちゆきさん

はじめまして。
ありがとうございます!嬉しいです~
「笑顔の素敵なお母さんになろう!」みんなが片品に住まなくてもおなじような考え方を持った人が日本中に増えて、それぞれが心地よい環境をつくれば、世の中きっと変わるんだろうな~。。

なんて壮大な野望を持っています。(笑)

いろんな人と交流して、ちゆきさんは鹿児島から、そんな発信をしていってください!

私たちの世代からきっと日本は変わっていきますね。

交流?期待しているのとは違い、大したことしてません。自然体で暮らしを楽しんでるだけですが、4月~11月くらいだったら、いつでもオッケイです。交流しましょう。

2008.03.01 09:42 URL | ミチコ #- [ 編集 ]

今回も炭窯温浴ありがとうございました。風が今回は強くって、2度も入り口の板が飛んで行ってしまい、その度に冷えましたが、釜入り口の下で炭を賢一さんがおこしてくれていたおかげですぐ暖かくなり助かりました。
ミネラルのおかげか温浴のあとはすごく身体の調子がいいんです。
須藤林産の御家族師匠、カオルお母さん、2代目の賢一さんそれぞれが本当に暖かく関わっている人を迎えてくれます。その心の深さ広さにいつも頭が下がります。これからも宜しく!!

2008.03.02 00:18 URL | コスモスのママ #- [ 編集 ]

コスモスのママさん

お疲れ様でした!かなり寒かったですね。。

本当に師匠一家はすごいです。器が違います。
次回も入れ替え一緒にできるといいですね♪

2008.03.02 10:20 URL | ミチコ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/590-1a8ed9cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。