片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20080209115439

マエダ君とまずは代々木上原の「Kanbutu cafe」へ。
乾物を使ったデリとカフェ。
マクロビ中心の小さなお店。

そして、代々木上原に来たらやっぱりあそこに寄らなければ!

去年、初の個展でお世話になった「ルヴァン」と「カフェ・ルシャレ」

運良くオーナーの甲田さんにも会えた。

なんと甲田さん、「うかたま」という雑誌に連載もつそうです。

甲田さんを選ぶなんてさすが!!

超楽しみ♪

いろんなお店があるけど、こんなにスタッフが気持ち良く生き生き働いているお店ってそうないよね。

どんなにいいことしてても身内(スタッフ)を大切にできないと。。

ここは自然とその基本ができているような。。

この春、二名のスタッフが、ルヴァンを卒業する。

一人は埼玉で独立。一人は千葉に嫁にいく。

幸せの種がまた全国に播かれる~

都会のオアシスに三時間もいてしまった。。

その後、渋谷にある、オーガニック立ち飲み屋「キミドリ」へ。

マエダ君の友人、コバ君も合流。

コバ君は「なまけもの倶楽部」っていう団体の(代表は辻信一さん)事務局で働いている。

自己紹介に増刊現代農業を見せた。

見出しをみて、「そうだよ!!これだよ!!」って同じ年の男の子に私以上に熱く、母とは、生活とは、、語られてしまった。。

知っている人も多いだろうが「なまけもの倶楽部」といえば、カフェスローと同じように若者を巻き込んで、いろんな仕掛けをしている。

そんなコバ君がこんなコトを、、
「地球温暖化や環境問題など、テーマが大きすぎると、なかなか難しい。
もちろん大切なことで、そういうことは自分達の上の世代、知名度のある人達におまかせて、今の僕らの世代はもっと、一人の人間として向き合う。
一人の人間を通して、仕事とは、生活とは、家族とは、どうあるべきか考えることが必要なんだ。」
話は早くて、そんなイベントをやることになった。(笑)

私に何ができるのかわかりませんが、三人で話す合間、合間にそれぞれのパートナーの話がでてくる。これから三人とも家族をもつ。
大切な家族が気持ち良く暮らせる環境が少しでも広がればいいな。。そして自分を見失わないように。。

要は自分のためだね。

パンをお土産に買ったよ~
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/568-3637570b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。