FC2ブログ

片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20080105172553

カタカタ冬のレンタルショップを始めて最初のお客さんは「山の家えびやん」の居候、ユキちゃんだった。

オーナーのえびさんは茨城県で有名人らしい。なんせスキーの元国体選手。

65才で現役スキーヤーのえびさんを「先生」と慕い、茨城からスキー好きの若者が集まる。
「えびやん」に一歩入ると茨城ワールド。

一ヵ月前から、ユキちゃんもスキーの練習に来ている。

かわいらしいユキちゃん。なんとまだ中学2年生!

なのにカタカタワールドを気に入り、炭アクセサリーの渋~いのばかり気に入る。

音楽はクラッシック。キャラクターものや、ジャニーズなんて興味ない。

学校はどうしてるんだろう?

同級生と会話合わないだろうな。。

そんなユキちゃんが目指すのは「全中」出場!

私は遊んでばかりの中学生だったから、知らないけど、競技をする人なら誰もが知る大会らしい。

そして正月、彼女のライバルが2人、茨城からやってきた。

夜、テレビを見ながら、彼女達と一生懸命会話を合わせようとする、ユキちゃんの姿が痛々しかった。

ジャニーズの話や携帯をいじったり。。

会話の途中、私を紹介してくれた「ミチコさんは梅干しの種でアクセサリー作っちゃうすごい人なんだよ。感動しちゃった~」

まったくもってシカト。

興味なし。

テレビに私の大好きなミスチル桜井さんが歌いだせば、釘づけの私の前で、「このおじさん、気持ち悪い~」って。。

中学生なんてこんなもんだよな。

ライバル達が帰っていったら、またユキちゃんはカタカタショップに入り浸る。。

「私はこの空間が心地いいんです。」

もうすぐユキちゃんは学校に戻る。頑張れユキちゃん。

自作のヘアーバンド兼マフラーをプレゼントした。
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.01.07 23:36  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/542-23ed2493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。