片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20070227082247

去年、三ヶ月カタカタに居候して畑やプレハブ改装を手伝ってくれた、京都のキミチャンが、茨城でのイチゴ・春菊農家ボラバイトを終え実家の京都へ帰る途中、横浜に寄ってくれた!

相変わらず、「勉強」の旅を続けるキミチャン。

半年ぶりに再会し、その後の生活、二人とも話がつきない。

初めて片品村に来た、三年前、大豆の収穫で出会ったキミチャン。
それっきりになっていたのに一年後、北軽井沢の牧場で偶然再会した。

まさに偶然による必然。

話ながら横浜の名所を網羅した。

途中、山手にあるカフェでお茶しながら、キミチャンが一冊の本を取り出した。

オノ・ヨーコの「グレープフルーツジュース」
ジョン・レノンはこの本から「イマジン」を生み出したらしい。

「好きなページを開いてみて」とキミチャン。

私の開いたページは、

「盗みなさい。
水に映った月を
バケツで。
盗み続けなさい。
月が見えなくなるまで。」

どんなに美しくても水に映った姿でしかない。
残るのは、虚無。

わかっていても盗み続けることで、達成感は得られるのだろか。

心を盗みたいと思った夜の香がする。

キミチャンの好きな詩

「セントラルパークの池の真ん中に行きなさい。
あなたの宝石を全部投げこみなさい。」

身にまとう「モノ」を捨てた時、自分という宝石に気付く。

他にも。。

月に匂いを送りなさい。

山手の小さいカフェで、感性豊かなオノ・ヨーコの詩について二人でどう感じるか、イマジネーションを膨らませながら話した。

自分の存在を忘れて、想像することに集中する。

心地よい時間の流れ。

岡本太郎が言っていた、カフェ文化とはまさにこんな状況だろう。

コーヒー一杯で何時間も話す。
そこから、何人もの、アーティストが生まれた。

私にとってイマジネーションの場は畑仕事でもある。

畑をする女の子が増えて、感性豊かな女の子が増えて、やがて心広い太陽みたいなお母さんになる。
そしたら世の中変わるんじゃないかな。。

キミチャンはしばらく京都に滞在するそうです。

ありがとう。
また片品村にも遊びに来てね~

歩きすぎて、疲れて寝てしまった。
朝の更新です。

キミチャンは深夜バスで京都に着いたころかな。
スポンサーサイト

偶然じゃなくて必然なんですかね、やっぱり?
意味があるんでしょうね、京都のお友達との出会いに。


2007.02.27 13:32 URL | 尾瀬の寅さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/253-f5bd071a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。