片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20070211010135

片品村から横浜に戻りました。

今日は片品村で出会った、横浜ゆめファーマーのトキチャンに誘われ、「食と現代美術」のイベントに行ってきました。

桜木町に古い銀行を改装したBANK ARTというスペースがあり、定期的にアートイベントを開催している。
今回で3回目となる、「食と現代美術」はBANK ARTをレストランに変身させるという企画。

今日は、さまざまなワークショップから出来上がった、レストランにて横浜市環境創造局と生産者、野菜ソムリエの三人のトークが聞けて、地場産食事がついて1500円といった内容だった。

私は常日頃、野菜ほどアートなものはないと思っている。

なのでこの企画、興味深く参加した。

だが。。。

結局、生産者の話とお役所のデータと普通においしい野菜料理をいただいた。

これが野菜ソムリエさんの料理。

正直いうと、腑に落ちない。

参加者がどんな思いで参加し、どんな感想をもったのか知りたかった私は、オシャレなマダム二人組に話し掛けてしまった。

さすがに、少しひいていた様子。
でも、すぐにお茶することに。

二人のマダムは、東京で活躍しているアートにおいてはプロの方だった。。

全然違った立場での「食と現代美術」のとらえ方。

とても得ることの多いひとときになりました。

その後、同じく片品村で出会った、環境化学物質調査をしているエリチャンも合流し、BANKART NYKという、みなとみらいの夜景がきれいに見える、海沿いの会場にて、「アート・バーレスクの一夜」という、カフェライブを鑑賞した。

が。。

これもまた、腑に落ちない。

理解しようと思わずその場の雰囲気を楽しめば。と思うが、あまりにも表面的で浅い。

その軽さが、都会の人には心地よいのだろう。

満員電車に乗れば、殻に閉じこもり、干渉されることを嫌がる。その反面、同じ時間を共有し、同意を求め、着飾り、人に干渉されたいという欲も感じられ。。
う~ん何だか考え深いところに来てしまった。。

途中で切り上げ、結局三人で片品村の話や、恋愛トークをして帰りました。

もう少し、普通の女の子でいたい。と思う今日この頃です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/241-82ec78a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。