片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20070209205238

日本の大豆、97%が輸入と知り、日本料理にはかかせない、醤油・味噌・豆腐・納豆は引き継いでいけるのだろうか。。

片品村には、昔日本一と称された大粒で甘味のある「大白大豆」という地大豆がある。

戦後輸入大豆におされ絶滅寸前のところ、村のお母さん達は自家用の味噌を作るために、この大白大豆を作り続けた。

運良く、師匠の奥さんが村で味噌加工所の許可を取り毎年、米麹から味噌を作っている。

去年、私もお手伝い&カタカタハウスの資金を稼ぐため。 240キロもの味噌を仕込んだ。

グットマザープロジェクトに賛同してくれる人を集め、味噌会員として、まだ味噌ができる前に資金を集めたのだ。
半年寝かせた味噌を12月に一度配ったが、まだ若いのに大好評!!
本当にうまい!

今朝、味噌会員からリクエストがあり、味噌を久しぶりにあけました。

そんなことをしているとお客さまが。。

カタカタハウスは道路沿いのため、私が居るといつも誰かが尋ねてくれる。。

蕎麦打ち名人のSさんだった。

ツルツル・シコシコ
都会で食べると高いよな~
「横浜にも持って帰れ!」お土産までいただいた。

その後、師匠の家に行くと、今度は「昨日のあまりご飯だ」
と焼きおにぎり~
炭火焼きは最高!

漬物のお土産をいただいた。
両手に味噌・蕎麦・漬物・炭を持って、埼玉の娘さんを尋ねる奥さんと、息子さんに便乗し、横浜に戻ります。

師匠は窯に火がついたのでお留守番です。

片品村に行く度、たくさんのお土産が。。

ありがたいです。
スポンサーサイト

ほんと良いお付き合いをされていますね。
片品村の人たちの人柄の良さももちろんですが、ミチコちゃんの人柄の良さもあるからなのでしょうね。
羨ましいです。

2007.02.09 21:54 URL | 尾瀬の寅さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/240-57b24d1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。