片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20070203004659

東京大学 学士官にて木酢液の講演会が行われました。

去年初めて師匠に連れていっていただき、今年は二回目の参加です。

木酢液は、「特定防除資材」に認定されるか否かで議論されている。

去年、このことについて農林水産省の人が話をしてくれたり、学者の先生たちが木酢液の研究を発表したり、興味深くおもしろかった。

今年は特定防除資材については、あまり進展もなく、師匠は早く特定防除資材に認定されるようにと、林野庁まで陳情にいくほど、木酢液の需要が減って困っている。なかなか進まないものなんだなぁ~

今年、興味深かったのは、杉浦銀治先生の「砂漠の緑化と炭焼き」
師匠、金次郎の一つ年下82才の銀爺によるお話。

それとJICA活動による世界の炭焼きと環境保全。蒲田先生。

感想書ききれないが、銀爺によると「炭は地球を救う!」

今日は一日びっちり勉強したが、木酢液は化学の世界で難しい。。

その後、懇親会にて。銀爺と蒲田先生の写真。

銀爺は私に会うと「炭窯の温浴をやって、村のお年寄りを癒してあげなさい。」とアドバイスをくれる。

今日は私にシャーマンになれって。。
師匠の息子さんには「尾瀬の木道を燻煙処理しろ。」とか、よくアイデアがいっぱいでるよな。。

実は銀爺が内ポケに炭を入れてるのを見て炭アクセサリーを作りはじめた。
今日は銀爺、素敵な炭のループタイをしていた。

今年は銀爺に片品まで来てもらって講演会をしてもろうぞ!
金爺と銀爺!聞きごたえありそう~
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/tb.php/234-9c0d667b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。