片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「katakata」を始めて4年が経ちます。
これからお母さんになる私達世代の意識が大切だ!と思い片品生活塾を立ち上げ、片品生活塾への入り口的な存在として「katakata」を始めました。

それはあくまで私一人での活動でした。その中でパートナーとも出会い、これから二人で頑張って行きます。
「katakata」を卒業し、みなさんもご存知の通り「いーからかん」としてこれからも活動をしていこうと思います!
私達の野菜と交換にハバシマ君がホームページをとロゴを作ってくれました!
iikarakan
これからも「いーからかん」をよろしくお願いします!

http://iikarakan.81s.net/
スポンサーサイト
2009.07.13 14:58 | 名称未設定_0 | トラックバック(0) | コメント(-) |
次回の「うかたま」は粉モノ特集!ということで片品村のおやきの取材にきてくれました~。

お家でできるおやき!先生は。。村の人からもおいしい!と評判のアツコさんにお願いしました!

篤姫







キヨシさんとアツコさんは骨董コレクターでも有名です。うかたま取材班、しっかりキヨシ家の魅力を満喫。

そして何より、キヨシさんとアツコさんの夫婦愛に感動しきり取材班でした。
二人は私達の憧れの夫婦で~す。その魅力が伝わって嬉しい一日でした。

次回のうかたまもお楽しみに~。

20090710211933


群馬県庁の方から連絡が。

なんと、尾瀬高校の生徒達と模擬会社で商品開発した蜜蝋キャンドルの注文だった!!

すごい!!

なんでも7月16、17日に銀座にある「ぐんまちゃん家」で開催される、「ぐんまの山村移住相談会」のプレゼント景品に選ばれたのだ!!(詳しくはこちら

さっそく模擬会社で個人的に仲良くなったメンバーに連絡。

すると。。みんな大喜び!大興奮!!

すぐに集まってくれた。

まず男子には竹を伐採してもらい、大きさを決めて切りそろえる。フィギュアもつくる器用なM君が竹をきれいに削ります。これが素晴らしい。。
candle+001_convert_20090710081305.jpg


candle+002_convert_20090710081351.jpg

candle+003_convert_20090710081432.jpg











女子には蜜蝋を流し込む作業を。ローラも参入でワイワイ盛り上がる。
candle+004_convert_20090710081513.jpg

candle+005_convert_20090710081555.jpg










まさかこんな形でまたみんなに会えるとは思いもしなかったな。。なんせ、みんな3年生で受験などで忙しい。。
模擬会社のときとは違って、すっかり仲良くなれて本当に楽しく作品つくりができました!!

私たちのつくった蜜蝋キャンドルが抽選で当たります!!

ぜひ、7月16、17日はぐんまちゃん家へ。アンケートに答えてね。




サトミちゃんたちが帰ったあと、丸沼ペンション村でお得意さんのカレンズさんが畑の取材にやってきた。

カレンズさんはすごく意識の高い人で勉強家。

先日の木村さんの講演会にも足を運んだ。
そして。。改めてカタカタの畑を見学したい!と連絡が。

木村さんの話はとってもよかったみたいで、あれから色々調べて勉強したとか。

何度か畑にも来ているのに、やはり今回は見る目が違う!

「前来た時は、ただ気持ちいい畑だな~。だったけど、あ!ここにも豆が植えてある!ねぎもあるね。」とか。
セトヤマさんも説明しがいがあります!
20090709084939


カレンズさんは木村さんの話を聞いて消費者が賢くならなくちゃ!と思ったそう。

「今まで、カタカタの野菜が自然農だと知ってはいたけど、ここまでの農法だということを、そこまで理解していなかったわ。理解したからきちんと伝えなくちゃ!」と写真を撮りまくってた。


私達は自然農だからってことを行商ではあまり主張していない。(もちろん、話はしてるけど。)

それよりも、「カタカタの野菜は長くもつのよね。。」とか

「インゲンがやわらかい!」とか

「いつもはコンソメ使うのに、カタカタの玉ねぎは塩だけでいい!」とか

「お客さんの引きこもりの息子がカタカタのサラダだけ食べた!」とか

そういう声がどんどん聞こえるから、それでいいと思う。

他にも「野菜を洗いながら野菜の生産で二人は生活大丈夫?って考えた。」とか。。そうやって思ってくれていつも行商を受け入れてくださる丸沼の方々が大好き。

だから、農法がどんなスタイルであっても私たちが食べたいものを、みんなにも食べてもらいたい。それにはこだわりや主張はいらない。当たり前のことだから。

私達のライフスタイルにあったもの。自分達の子供に胸を張ってやれる農法が自然農法だと言うことなんだ。

でも、カレンズさんがこうやって伝えようとしてくれるのはすごく嬉しい。

う~ん。木村さんの力はすごいな。これからもっと広まるだろう。やっぱ看板建てるかな。。



帰ってきてすぐに、またしても片品若妻さんたちから野菜の行商オファーがあった。

本当においしいものは広まるんだな。。

私達のお気に入り「まごどさ」もみんなお買い上げくださいました。(カタカタで販売中です!)

20090709081527


行商のあとはお決まりの「尾瀬号」東京からの高速バスで、(この時期からはカタカタに来る人は大抵このバスで来ます。とっても便利!)サトミちゃんとナカジョウ君がやってきた。

二人は来月結婚式を挙げます。
その引き出物のいくつかにカタカタの野菜を選んでくれました!

それと箸置きはこれまたオオサワ君のときから恒例?になった炭の箸置きを作ります。

二人は今回も畑をたくさん手伝ってくれて、またしてもアミーゴにビールをいただき。。

夜は鎌倉のおいしいと有名な和食料理屋さんで働いているナカジョウ君が夕飯を作ってくれた!
20090709081617


初ズッキーニと新じゃが・人参の葉のかき揚げ!
プロの味です。

自分達が作った野菜は自分の友人・知人に食べてもらいたい!という思いは今も変わらない。

そんな大切な野菜がナカジョウ君とサトミちゃんの大切な人に届けられるんだ。

二人は引き出物の発送のときも来てくれるそうです。

自分たちで収穫して詰めたいんだって。それってすごく素敵なことだね。

そんな思いは野菜にもきっと伝わっているだろうな。

さてさて、式では初めてスピーチを頼まれた。

いつもおちゃらけ余興の私だから、スピーチは初めて。。

7月5日念願のコラボイベントは大成功!でした。

30名予約制のところ、全部で約50名の方が来て下さいました。

大盛況で。。すごい行列になりました。
おかげさまでセトヤマカフェも大人気!

というわけで私は一人中に入れず、内田さんの素敵なお庭で野菜と炭アクセサリーと、入りきれないお客さんとお話。

もこめし

笑ってしまうくらい、カレーを食べたお客さんがみんな野菜を買って帰ってくれる。

さすが、もこちゃん!カタカタの野菜を十分に活かしてくれました。

大豆たっぷりのカレー!

20090706112201


今回、私はかなり感激~でした。

もちろん、たくさんお客さんがきてくれたこともあるけど、理由は3つ。

1、普段、カタカタに来て開墾を手伝ってくれるメンバーに、こうしてにんにくを届けられたこと。
「あの畑でこんな立派なのができたんだ~。」って喜んでくれた。

2、夏シーズンは月一で片品に来てくれる内田さんの素敵なお店でできたこと。3度目なので遊土のお客さんとももう顔見知りだし。
そんな関係が築けたところで、もこちゃんとコラボできたこと。

もこちゃんは実は私の渋谷ショップ店員の時のお客さんなのです。

6年前に店を辞めるとき、初めてプライベートでランチに行って、「私、畑する!」と宣言し、当時化学系の大学に行っていたもこちゃんは、「私インテリアデザイナーになる!」とお互い宣言し別れた。

あれから4年経って、インテリアデザイナーになったもこちゃんに再会。
私も夢を叶え、片品に何度も足を運んでくれる、もこちゃんは、今ではカタカタの欠かせない仲間になった。

あの時とは違う付き合い方になった今、彼女は仕事では中々人と接するチャンスがないから。と本業とは別に「モコメシ」を始めた。

この日のイベントには6年前のお互いの夢を叶えたからこその深いイベントだった。

だからかな?なんだろう。。すごくバランスがよかったんだよね。。


そして最後の3つめは。。
幼馴染のビンが息子のカイトを連れてきたこと。
kaito.jpg
うちの野菜を美味しい!って言って食べてくれて、大豆を煮たことないっていってたのに買ってくれて、家で煮たらしい。感激してた。。

これはすごく嬉しかった。

それから息子が闘病中の友人も味噌を買いに来てくれた。

一人、胸いっぱいで片品に戻った。

本当に皆様ありがとうございました!

今度は枝豆を届けられるかな??
行商を終えて、鶴見のギャラリー遊土へゴー!

去年は野菜の収穫が少なくて、まわれなかったカタカタ便ですが、この採れたてにんにくを届けたい!!

すみません。。横浜まではまわれなかったけど、いつものように、練馬・高円寺・上北沢に野菜を届けに寄りました~。

一年ぶりの再会。

上北沢のイイヤマさんからはまたしてもかわいい洋服や小物をいただきました~!

今年はカタカタ便で月に一度は行きたいと思います!
みなさん、お楽しみに~。

さて、鶴見に着きました。
明日はたくさんの予約をいただいています。ありがとうございます。

朝からばっちり準備してお待ちしてます!!
昨日、丸沼ペンション村へ行商に行けなかったので、今朝予定変更ビューンと行商へ。

今日から仲良しのアルフさんが石窯ピザ・パン屋さん「Cou屋」として、新しくオシャレでおいしい~お店をオープンします!

20090704201311


スペシャルピザとして、カタカタのサラダピザも食べれるそうです!!

ペンション村の人たちも、オープンしてすぐにパンを買いに来ていました。

コーちゃんにもあったよ!
20090704201252
近所のえつあんねーが天国に旅立った。

えいあにーやカヲルさん、しずあんねーの同級生。82歳だった。

またしても同じ隣保班。

知らせを受けると、まずは「ジンギ」と言って部落中の人が挨拶に行く。

先日、えいあにーの49日もあったので、同じ班の女性たちが「一緒に行こう!」と声をかけてくれた。

すごく嬉しかった。

ジンギの帰りの立ち話しで、8件ぐらいからなるうちの班の何件かのうちが「うちももうすぐ危ない。。」と言うのだ。

「うちは親戚が少ないからまた助けてくだい。」

「それはおたがいさまだっぺ。うちもいつになるか。。」

「ミチコさんは班に入って間もないのに悪いね。。」みたいな感じで。。

この会話が当たり前のようで、すごいことだと思った。

横浜では考えられん。普段から助け合うことが当たり前なんだ。

今日はまたしても集会場で一日、料理をつくった。。

えつあんねーは宗教の違いがあったにもかかわらず、それでも村の人への振る舞いは変わらずに行われた。

そこもまたすごいな。。と思った。

葬儀が終わると「ご苦労振る舞い」といって手伝った村の人が、今度は亡くなった方の親戚に振舞われ、ご馳走になる。

20090703211310


えつあんねーは、不審な女だらけでプレハブを改装していたころ、いつも前を歩いていて、リュックから「これは昔のきゅうりなんだよ。食べるか?」とか話しかけてくれていた。

すごくやさしいお婆ちゃんだったな。

今年に入り、あちこちでお年寄りが亡くなっている。

この世代の人たちがいなくなってしまったら村は変わってしまうだろうな。。

そうなる前に早く~。もっとお年寄りから学ぼうと思う。
昨年の「明日の日本をつくる会」の講演で出会った「やまびこ生活学校」の皆様が、秩父から片品に来てくださいました!!!

40代~60代くらいのお母さま方がなんと32名も!

ありがとうございます。

短い時間でしたが楽しんでもらおうと、まずは大好きな場所、遊楽木舎へ。

この日のメニューは手打ちそばと3種類のピザです。みんなでつくります。

さすがに生活学校だけあってみんな手際がよいです。


やまびこ生活学校2


精一さん、普段見れない蕎麦打ちの先生姿。




やまびこ生活学校1

サービスで蒸かし味噌饅頭も作らせていただきました!





おいしいお昼を食べて、みんなすごく遊楽木舎を気に入った様子。



ここからは我が家に来て母屋やカタカタハウスの見学。そして自然農畑も見学です。

みなさんお土産に炭アクセサリーとにんにくをたっくさん購入してくださいました。

本当にありがとうございました!!!

不思議と最近、秩父に縁がある私。

ボラバイトで一緒だったブンちゃんからのお誘いで11月22日に秩父で講演をすることになっています。

その時はまたお会いしましょうね~。

大人数で賑やかだったけど、みんなすごく気持ちの良い方ばかりでした。

楽しかった~。

昨晩、一通のメールが。。

「遅くにごめんなさい。野菜おいしい!!!それだけどうしても伝えたくてメールしました。」とキラキラ絵文字のついたメール。

昨日野菜を買ってくれたRママだった。

嬉しい!!セトヤマさんも顔をしわくちゃにしてニヤニヤしてます。

自分達が育てた野菜をおいしいって喜んでもらえる。。農家はいい仕事だな~。
って改めて思うね。

昨日、選別したにんにくを母屋に乾しました。

にんにく干し



こうやって並べるとアートだ。う~ん、やっぱ農家はアーティストだね!!





にんにく干し2

二階にも養蚕の道具を使って乾しました。



さぁ、これからこのにんにくをどんどん売ります!!

みなさん、ぜひご賞味ください。 ちなみに採れたてのジューシーな生にんにくは今しか食べられません!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。