片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
嬉しいことが色々と。

まずは。。最近、片品の若いママ達がうちの野菜が欲しい!と言ってくれるようになった。
今朝は「片品若妻会」(?)の代表、もえちゃん家に、みんな集まってくれて行商に。

ちょうどもえちゃん家にテレビ局の撮影隊がきていて、賑やかだった。

関西の方で放送されるみたいデス。

それから、モコメシ×カタベジ限定ランチは予約の人数を超えましたので、募集は終了です!

みなさまありがとうございます!5日にお会いできるのを楽しみにしてます!!

ランチの募集は終了しましたが、大人気のセトヤマカフェもありますのでぜひお気軽に遊びに来てください!

そして、そして。。開墾地のにんにくを全部収穫しました!!

母屋にずらっ~と並んだ自然栽培のにんにく!!
にんにく1

もちろん、無肥料、無農薬です!
にんにく2

去年、青森県での講演の際、「夢はなんですか?」と聞かれ、「う~ん、近い夢はにんにくをたくさん作ってにんにく農家になること。」

夢が叶いました。




私もセトヤマさんも、にんにくが大好きで、でも一昨年まで栽培していなかったから、スーパーで青森県産の1つ300円のにんにくを買うのが唯一といっていいほど、スーパーでの野菜の買い物だった。(あっ!しょうがもそうだ。)

なければ作ろう!!これでお金を気にすることなく好きなだけにんにくが食べれる~。

嬉しい!!


スポンサーサイト
6月28日
今日はエイサクさんの49日に呼ばれた。

喪服はあったけど、黒いバックがなくて、どうしよう。。と思ったらミツルあんねーがくれた!

隣保班の女性達と待ち合わせをして一緒に行かせてもらうことに。

私にとって初めての49日だったので緊張だったけど、みんなすごく気を配ってくれたのでありがたかった。

和尚さんのお経を聞いて(歌も入ってた)お墓参りをして、近くの旅館でご馳走をいただいた。

一人でにんにくを必死で収穫しているセトヤマさんには申し訳ないけど、久しぶりにお刺身を食べて昼間から酒を飲んだ。


本当にみんないい人達ばかりで菅沼はいいところだな。。

そうそう。このカルチャーショックを受けた菅沼のお葬式のことを次回の増刊現代農業に書かせてもらいました。

エイサクさんのご家族と、それから菅沼に来て初めてのお葬式だった恩師ニサブロウ爺さんの奥さん、オキヨ婆さんに話をしたら、快く了承してくださいました。

もうすぐ発売ですのでぜひ読んでみてください。


大好きな仁三郎爺さんの笑顔の写真。いつもこの笑顔に癒されていたな。。
仁三郎



今年の糀仕込み終了です!!
長かった~。
最後は草太とカヲル社長もこんなに仲良くなりました。
20090628161842
自然栽培でのりんごつくりに成功した木村秋則さんの講演会が沼田で行われた。

農業共済の方々の主宰で、よく意図がわからなかったが、参加させていただいた。

木村さんの講演は今度の4.5日に横浜で行われる、グリーンEXPOでも聞くことができる。食品の裏側の安部さんの話も聞けますよ。

でもせっかく沼田に来てくれるなら聞いてみたい。。セイイチサンに招待券を譲ってもらい、せっかくだから。。と群馬の友人に声をかけたら全部で10人すぐに集まった。

沼田、伊勢崎、渋川、先日一緒に講演した吾妻の野良女子タカハシさんも。気づくと群馬で規模は小さくても自然農を実践している(興味ある)仲間も増えたもんだな。。と驚く。

そして、もっと驚いたのがものすごい集客だったってこと。

利根沼田の人はあまり興味がないだろうに。。どんな意図で??って思っていたけど、私の認識が甘かった。利根沼田の農家さんたちは自然栽培がどんなものか、話を聞いてみたいんだな。。
定員以上の350人も集まったそうだ。

なんせ沼田の本屋さんで「奇跡のリンゴ」の本がベストセラー!なんだって。

だから主宰した農業共済の方々はすごいな。。って思った。


集まった人の中で実践者はどれだけいたのかわからないけど、実践者の私達としては木村さんがどんなお話をされるのか、ものすごく興味深かった。

木村さんの本はもちろん読んでいる。10年近く無収入でそれでも無農薬りんごを諦めなかった。
最近新しい本も発売したし、そういう人生話かな。。とか。

私が一番興味があったのは川口さんの「自然農」と木村さんの「自然栽培」の違いだった。
木村さんはその違いをはっきり「あくまで経営として、栽培するんだ。」って書いてあるけどその辺どうなんだろう。

で、講演が始まり、すっごく意外な事に「自然栽培」とはとかよくある精神的?哲学的?な話ではなくて、いきなり自給率や死亡原因の比較、農薬使用量など、自分でつくったデータをもとにした話から始まった。

「これだけ自給率が低い国はない。輸入に頼りすぎて滅びようとしている国が現在あるんだ。」とか「中国餃子事件どころではなくて農薬、除草剤、肥料を一番消費しているのは日本だ。」とか。
「今、食を大切にしなくては!」とか。
とにかく今の日本の食や農について熱く「このままでは駄目だ!!今変わらなくちゃ!」と訴えていた。

すごく意外~。

私も6年前に本だけだったけど、そのような内容を読んで知って、行動に移した。

そんな経由で私も自然農にいたったわけだから、まったく同感だった。

ただ一つ抜けていたのは私の場合その中に「家族」が入る。食、農それに、家族を大切にできなければどんないい事しててもね。。だから木村さんの奥さんの話も聞いてみたいんだな。。どんな風に支えてきたんだろう。。って。


自然栽培の作物、有機栽培の作物、スーパーの作物の3つの同じ作物を腐敗試験の話もしてくれた。
これは先日ブログに書いた有機栽培との違いを証明してくれたようなものだった。


次に自然栽培の具体的な話が聞けた。全国の実践者の話もあった。

木村さんの話を聞いて思ったのは、木村さんの話は農家向けだということ。
木村さんの方法は一度トラクターで耕すし、マルチも使う。だから農家さんが自然栽培に切り替えるにはすごくいいと思った。

でも私達みたいな新規の移住者には川口さんの自然農の方が向いている。
カマとクワだけでできるし、「持ち込まない、持ち出さない。」「耕さず、虫や微生物の亡骸が層になって肥やしになり土をつくる。」っていう自然農の考え方が、自然の生態系を活かし、持続可能でライフスタイルにも通じるものがある。

しかし木村さんからも学ぶものはたくさんあった、自然農だと精神論が多いが、具体的な本当にビジネスとしての話が多く聞けた。
それに作物にたいする愛は変わらない。作物にも心があるんだってこと。
私達も「自然農」のいいところと「自然栽培」のいいところを参考にして、まぁ名前はどっちでもいいけど、自分達の形を作っていこうと思いました。



どうもありがとうございました。


そうそう、木村さんがきゅうりのひげが巻きつきますか?って話をしていたのでセトヤマさんがこっそり畑で指をだしたらすぐに巻きついてくれたんだって。

「きゅうりと友達になった気がしませんか?」って言う木村さんの笑顔が素敵だったな。

20090628063336.jpg






もう2週間経ったの??っていうくらい毎日あっという間。

今日は炭の入れ替え日。

暑くなってきましたね。。入れ替えにはつらい季節がやってきた。。

今回も糀の作業をしてから炭焼き小屋へ。

嬉しいことに今回も心強い助っ人が!!

ネイチャークラブのシゲタさん達だ。

おかげで予定より早く終わるましたよ~。ありがたい!
20090626220751


20090626220818
獣害に悩む私達のためにアミーゴが借りてくれた畑は、日当たり最高でまさに一等地!ものすごく気に入っている。

人通りは少ないけど、散歩している人が多く、みんな私達の畑を見て、注意してくれる。

「耕さなくちゃできないよ。」

そのたびに笑顔で「ハッハ~。」って笑ってごまかす。


隣の畑にはきれいにマルチが張ってあって雑草もない。さかえがすぐわかるでしょ?隣同士でこんなに違う。
20090624133107

みんなが心配になるのも無理ない。


この畑は4年ぐらい荒らしていたので自然農にはもってこい。

今のところすごくいい感じにいっている。
20090624133052


何も植わってなさそうに見えるけど、よく見ると。。
20090624133155


ブロッコリーにサニーレタス。わかりますか?

自然農は資材も使わず、農薬はもちろん、肥料代もかからない。
種もできるだけ自家採種するので、売り上げのほぼすべてが利益になる。

これはやっぱ大きい。

「なのになんで高いの?」って聞かれたことがあるけど、それはやっぱ収量が違う、ということ時間がかかるってところだ。

マルチをつかって肥料を与えれば成長は早いし、見た目も大きく立派なのができる。

でも自然農の作物はなんせスロー。

時間がかかるのに、少ししかできない。

さて、その採れた大切な作物の金額を決めることってすごく難しい。

いつもセトヤマさんと話し合いながら決めている。

2月の県庁での講演で野良女子として一緒だったタカハシさんが、会場内からの質問で「タカハシさんの野菜はスーパーのと比べて高いけど、どうやって値段を決めているのか?」っていう質問が出て。。

私はそのとき自分だったらどう答えるかな。。ってヒヤヒヤしたけど、タカハシさんはすぐにきっぱりと、こう言った。

「自分が子供を産んで、育てられるくらいの金額です。」

これにはすごい!!って思った。

だから私達も、これから子供を産んで育てられるくらいの金額で自分たちの育てた大切な野菜を販売していきたいと思う。

よろしくお願いします。

もう3ヶ月くらい、毎日糀仕込をやっている。

それだけ注文があることは嬉しいけど。。う~ん、もうそろそろ。。

「後、1回だ。」と言いながら中々終わらず、今度の27日に最後の蒸かしをやって、いよいよ今年の糀仕込も終わり。

最後はもえちゃんが手伝いに来てくれるけど、急遽、延長になった今日の分が誰もいない。。

日曜日なら、うちに来る仲間が手伝ってくれるけど、平日は中々人が足りない。

で、結局賢一さん、たつあにーなど家族総出で糀を蒸かす。

「どうしましょうか??最終手段。うちの秘密兵器を出しますか?」

ということでセトヤマさんも糀蒸かしの手伝いに借り出された。



夜の切り替えしには毎回セトヤマさんが来てくれるけど、蒸かしは初めて。

この写真は夜の切り替えし作業。
20090624132744



田舎での仕事は家族の協力が一番だな。。と確信した一日でした。

もうすぐ今年の糀仕込みは終わりだ~。長かった。。
みんなが帰ってから畑仕事をして、その後キヨシさん家へ。

だいぶ時間が経ったけど、今年も無事に金精峠開通一番乗りを果たしたのでお祝い会です。

今年で一番乗りも25年です。一番乗りをするために何日も前から車に泊まって。。私が5歳のときから続けてたかと思うとすごい!!

そのためには家族の協力が必要不可欠。キヨシさんとアツコさんの夫婦関係は私達の憧れです。

そんなキヨシ家にも25年の間にいろんなことがあって。。その話を聞いていたので私もできるだけお手伝いさせてもらってます。なんせ二人は私とセトヤマさんのキューピットだし。

そのお礼ということで今日はアツコさんが腕を振るってくれました!!(いつもだけど。)

20090622065146

山菜料理の数々。
これが特においしかった。山菜のみずなっていうやつです。
20090622070028


柏餅も~!!
20090622065152


アツコさんから教わることもいっぱいだ~。

家の中を見渡すと、どうもふくろうが目に着く。
「あれ?キヨシさんふくろう好きだっけ?」というと「あっ!そうだ!ミチコにお土産があったんだ!」

20090622065408


と、ふくろうもらった。
今シーズン初めてタカコちゃんが友達を二人連れてやってきた。

最近、ビックリなのは友達だからと言っても同姓とは限らず、異性。。ってことが多い。

どんな友達なんだろう。。と思ったらこんな二人だった。

20090622064829


イカツイ。。

ゆう君とたまちゃんの二人もただ農作業すると言われただけで、どんなとこなのか良くわからずに来たみたい。。

この3人は実家の広島で予備校仲間だったとか。今では3人とも都内近辺でサラリーマンをしてるんだって~。

3人は着くなり、畑でセトヤマ通称ドエム農業(FIWC命名)で畑仕事。

すると、アミーゴ登場。ビールを頂き、メタボ気味のたまちゃんに「都会人は毒ばっか食ってるからな。」といきなり強烈パンチあびる。でもインスタントラーメン食べてるっていうアミーゴキャラに爆笑。


翌日は顔を合わせる度に「もう糀飽きた。」という私とカヲルさんの手伝いで糀の蒸かし作業。

タカコちゃんは久々のカヲル社長と再会。タカコちゃんはケーキを焼いてきてくれました!
20090622064820


ここでローラも登場です。
疲れ果てている私とカヲルさんにみんなは天使のようでした。(ちょっとイカツイけど。)

20090622065715


いつもデスクワークとは思えない、サラリーマン組。それにローラパワーが加わり、あっという間に糀の蒸かし作業終了。



ローラとみんなは、年も近くてすっかり仲良くなって、途中観光名所にも寄りながら駅まで送ってくれたんだって!
20090622065133


それにしても、片品で出会った村の人が、アミーゴにカヲル社長、ローラって。。ちょっと強烈すぎたかな。。


夜、タカコちゃんからメール。帰りの電車の中での会話だった。

「すごく新鮮だった。婆ちゃんの家みたいな、懐かしい感じとも違って、都会ともまた違う。選択した生活だった。食べ物のことちゃんと考えてなかったし、自分達の暮らしに偏りがあることを感じた。」
と書かれていた。

タカコちゃんはカタカタに来て自分がたくさん学んでいることを、大切な友人にも伝えたかったみたい。

そうするには言葉よりも、実際に来て体験してもらうのが一番だと思ったみたい。

こんなこと書くと、カタカタにくれば何かすごいことしてくれるのか思われるかもしれないけど、私たちは何もしていない。ただ当たり前に暮らしているだけ。

だから何も感じない人だって中にはいると思う。

私はそのメールを読んですごく嬉しかった。

私は、この暮らしを「選択」したってことが伝わったんだな~。って。

今の時代、何でもあるし、何だってやれるから、どう生きるのか、選択するのは自分自身なんだってこと。

私は自分で選択して、片品の人にお世話になりながら、こんな風に生きることを決めたんだ。

鹿の被害に合わないもの。。と考え、遊休農地をFIWCのメンバーに開墾してもらい、青森で講演したのをきっかけに種をわけてもらったり。。

とにかく今年のにんにくにはたくさんのストーリーが重なってできた大切なにんにくです。

もちろん不耕起の自然栽培です!!

みんなこんなに立派なのができたよ~!!!

20090620160658


このにんにくを7月5日に内田さんのギャラリー遊土で販売します!
それと、この大切なにんにくをつかってモコちゃんがスパイスからつくる本格インドカレーを作ってくれます!!

ランチは予約で800円です。

すでにたくさん予約をいただいています。まだの方はお早めに。

ランチ以外にもセトヤマカフェもありますので。お気軽に遊びに来てくださいね。


残念ながら来れない。。という方には宅急便で送りますので連絡ください!!

今年からファーマーになったアミさんと畑へ。
20090620081831

アミさんは畑には興味がないけど、食にはうるさい。

家の前を通る中学生に「おかえり~。」と声をかけながら、「添加物ばっか食べるなよ~!中学生諸君。」と続く。。

そんなアミさんがセトヤマさんに野菜つくりを習いたいって言うんだから驚き。


夜はモトダさんとアミさんと村のスナックへ。

20090620081836


温泉センターでの出会いから4年。毎年恒例の同窓会みたい。

私以外は超自由人の3人。毎年何をしているのかよくわからない。

でもとにかく「今年もみんな片品に集まったな~。」と乾杯。

まったくよくわからない関係。

アミさんは、セトヤマさんのとにかく考え方から、何よりつくる作物に感動していて、べた褒め状態。

すると、自然農の話しか知らない、モトダさんは「草を生やしててただの手抜きだ!」と。

「いや、そうじゃない!!お兄ちゃんはすごいものを作るんだ!!見ればわかる!!」となぜか、アミさんとモトダさんが言い合いになっていて、私達は何も言えず、ただ笑うしかない。。って感じ。

笑うセールスマンがいそうな、いい雰囲気のスナックでも野菜の話で盛り上がる。。

なんでも言い合えるこの不思議な関係はいったいなんだろう。。
カミヤ君と入れ替えに今度はあさだ姉さんがやってきました。

風土倶楽部の商品の中の材料で、国産のものが少ないから作ろう!ということになり、種を蒔いてみました。

どうなるでしょうか。。

姉さんとはいろんな内情を全部打ち明けられる仲なのですごくすっきりします。

今回は「自然農」と「有機農業」の違いについて熱く語りました。

本当に持続可能な次世代の農業は自然農しかないと私達は信念を持ってやっているけど、中々そういうところはクローズアップされないな。。
どうしても元コギャルが先に出てしまう。。


まぁでも、畑をみてわかる人にはわかるし、言葉にしなくても伝わる人には伝わるし。

なんせ採れる作物を見てもらえればね。

すごい根っこでしょ?
生命力を感じる。
20090620081606

私も根の深い人になろう!


カタカタのサラダと風土倶楽部のセレクト商品「まごどさ」菜種油で食べると最高です。
20090620081631


う~ん。私達とあさだ姉さんは「サラダ」と「菜種油」みたいな関係だな。。なんて感じた一日でした。



2日目の箱入れの様子。
いつもはカヲルさんの役目(通常、設計士)4箇所に寝かした糀をなるべく均等になるように鍋とボールで量って16ケースの箱に入れる。
今回初めて任された。

なのでいつもと違う写真を。

20090616110946


箱を全部積み上げるとカヲルさんの背丈ぐらいになる。

20090616111004


これが婆ちゃんたちは大変なんだ。。

カヲルさんもカミヤ君達に慣れてきたのかカヲル節炸裂!!

またカヲルファンが増えましたね~。

カミヤ君、タイタイちゃん、また来てね!

AERAが発売されました!

aera.jpg

Webでも見れます。(こちら

カヲル社長とノリピーとの3ショットです!

ぜひ読んでみてください。
今週末のカタカタ。
東京朝市・アースデイマーケットで2年前に炭アクセサリーを買ってくれて、それ以来カタカタの朝市営業部?としてカタカタブースにたくさんのお客さんを連れてきてくれたカミヤ君。

大学生のカミヤ君は後輩のタイタイちゃんを連れてやっと初の片品入りです。

カミヤくんはめちゃイケメンで、気配りもできて、勉強家で。朝市のボランティアスタッフとして後輩をたくさん連れてきたり。。本当に偉い人です。

今日も糀仕込みとカヲルさん家の味噌仕込み。大忙しだよ。。

そうこうしていると。。

ゆきちゃんから電話。尾瀬高の「魅力発掘班」?とかでアイデアが浮かばない。。とかでその仲間と加工所にやってきた。


m+003_convert_20090616101708.jpg







カミヤ君とタイタイちゃんは鳥獣害の勉強をしたり、森林の勉強をしている現役の大学生。

ゆきちゃんとその仲間は尾瀬高の「自然環境科」、その中でも理科部という尾瀬の鹿調査をしたりっていう学校なので、すぐに話が合い仲良くなって進路の話だの盛り上がってた。

なんだか面白い交流。。

「みっちゃ~ん。」

今度は誰?

と思ったら、なんと3年前まで3ヶ月ぐらい一緒に同居していた、今のカタカタハウスを一緒に作ってくれた京都のキミちゃんと職人になりたいと今は長野で木工の修行中のトモちゃんが!!

夢?

「へっへっ~。驚かせようと思って内緒で来たんだ~。」

約3年ぶりの再会だった。

書きたいことはたくさんだけど、書ききれないので。。とにかく変なメンバーが集まって糀を仕込んだ。。


午後、キミちゃん達は帰って、ゆきちゃん達はセトヤマさんと畑。カミヤ君たちは、せっかく片品に来たのだからやはり師匠の話を聞かなければ!!

さすがに勉強しているだけあって、師匠への質問や炭、木酢にも知識があって師匠も話応えがありそう。。

20090616105438


私は頭が悪いので、師匠の難しい話より、なんで須藤家はいつもスリッパの柄が揃わないのか?そっちの方が気になってしょうがない。

20090616110601



ゆきちゃん達は何かアイデアが浮かんだみたいだし、カミヤ君達はカヲルさんと師匠にすっかりはまって喜んでるし、キミちゃん、ともちゃんにも会えたし、うん、今日も最高の一日だ。

不思議な出会いと縁に感謝です。




すごくいい糀ができました!!(うちの麹は米だから糀って書くほうが正しい?)

糀ができる日前の日から豆を煮込んでおきます。

もちろん、去年カモシカたちと戦って生き抜いた我が家のいとしい自然栽培の大白大豆です。

「片品中の人が自分の豆が一番良くできたと思ってるんだよな。。」とカヲルさんが言うけど、やっぱり苦労して作った自分の作物は一番おいしい。

さぁ塩を混ぜて味噌を仕込みます。

このときは必死だったんで写真が撮れませんでした。

今年はイズミちゃんともえちゃん、カヲル菌も一緒に混ざってます。

草太はおとなしくお店屋さんごっこをしてました。

m+002_convert_20090616101550.jpg








今年は180キロ仕込みました。食べれるのは2年後。

そして、やっぱり仕込んだ味噌をどこに置いておくかが重大のポイント。

今年は、あみさんの蔵を貸してもらうことに!

20090616100657


ここでじっくり時間をかければさらにおいしくなりますよ~。

翌日は麹の箱入れ。

カヲルさんに「今年一番麹が良くできてるよ~。さすが正社員」といわれた。

お世辞でも嬉しい。でも本当によくできていた。

箱入れが終わると今度は炭の入れ替え。。だが私は丸沼ペンション村へ野菜の行商に行き、もう何度も片品にきているイズミちゃんに炭の入れ替えを任せて手伝ってもらった。

20090612201718


イズミちゃん、つなぎ姿も様になってきてるな。

行商を終えて、午後は炭の入れ替えです。

何でも屋です。
6月11日(更新遅れてすみません。。)
やっと、やっと、自分達の味噌を仕込みます。
もちろん麹からです。
カヲルさん家と藤井家、我が家の分です。

今日からイズミちゃんが来てくれました!

自分の麹仕込みの今日は記念すべき日に。
なんと、カヲルさんが老人会で温泉に行ってしまい、ノリピーも本職の農家が忙しくなってしまったので欠勤で、私がリーダーでやることになった。

もえちゃん、いずみちゃん、私に、それからケンイチさんも手伝ってくれて仕込みました。

m+001_convert_20090616101436.jpg




しかし。。蒸け具合がイマイチわからない。
いつもはノリピーが指を一本、米に突っ込んで「はい、蒸けた!」って感じなのに。

私の場合、指の後がたくさん。。

まぁなんとかなるだろう。


お昼はコスモスのまみさんがラザニア差し入れしてくれた!!

20090612201539


「ん?こりゃ西洋のたらし焼きだな。うまい!」と師匠。


そして、夜の切り替えし作業も今回はもえちゃんといずみちゃん、3人で行きました。

固まった米をほぐしながら転地返し。

これがものすごく大変。汗をかきながら「この作業をおやっさんねーが86歳でカヲルさんが72歳
でやってたんだから、すごいね。。」とか言いながら頑張りました。

でも気づくと。。母強し。もえちゃんだけ腰が据わってる~。

いつも草太を抱きながら仕事してるだけあるな。。

もう少し麹の委託注文は続きますが、やっと終わりが見えてきたので、ここらでやっと自分達の味噌を仕込みます!!

ほぼ毎年、片品に住むカヲルさんの姉妹が自分達の味噌を仕込みます。カヲル姉さんを隊長にお互い手伝い合ってそれぞれの家族の分を仕込むわけです。
miso+002_convert_20090610214512.jpg



お~!!貴重なショット。妹のタエさん、ラクさんの二人は、民宿をやっているのでテキパキよく働きます。





miso+001_convert_20090610214740.jpg
ラクさんの山菜おこわ。

「手伝ってくれたから」って差し入れも忘れない。こういう「心遣い」は姉妹みんな似てますね~。
毎日、いろんなことがあって書きたいこといっぱいです。

忙しいんだけど。。「片品で蜜を採ってるから、5分でもいいからおいで~。」と小林養蜂園さんからお誘いを受けた。

すぐには行けなかったけど、しばらくしてから行ってみると、もう終わっていて、街道沿いのお店で休憩してた。

本当に不思議な縁で、小林養蜂園さんに共通の知り合いが多い。
色々な人を通じて今手伝いに来ている、U君とここ最近仲良くなった。

最近なんだか男性の方が農的暮らしに興味があって真剣に模索している人が多い気がする。

女性は、どちらかというとファッション的な人が増えているような。水着で農業!とかね。。

小林さんのところに来ているボラバイトさんもみんな男性だった。(これならあまり顔がわからないよね。。)

blog+004_convert_20090609171723.jpg





小林さんは、まさに師匠やカヲルさんと同世代で現役でバリバリの人だった。




「今までこんなに蜜が採れたことはないっていうくらい今年はすごい採れた!!」とご機嫌だった。

雨も少なくて花がよかったせいかもしれない。

うちは雨が少なすぎて野菜の成長が思うようにいかない。いいところもあれば良くないところもありますな。。

搾りたての栃の蜜をいただいた!


blog+003_convert_20090609171619.jpg



濃厚~。
一日限りのイベントのお知らせです。

カタカタ仲間のモコちゃんが作る本格インドカレーモコメシが、内田さんの素敵なギャラリーで30食限定で振舞われます。

もちろんカタカタのにんにくや大豆を使った特別ランチです。

日にちは7月5日です!

その頃、カタカタのにんにくが収穫できる予定です。

野菜の販売、炭アクセサリーも販売します。

畑の忙しい時期なので一日限定になりますが、ぜひみなさん来てください!!


遊土の詳しい情報はこちらから

ランチを予約される方はkatakata-katasina@hotmail.co.jpまで。

どんなカレーになるのかな。。楽しみです。
mokomesi_convert_20090609193804.jpg
6月7日
池田町のみんなと別れてから久々にトンカツを食べに行った。
精一さんに教えてもらったトンカツとお茶barのオシャレなお店、銀の月へ。
せっかくならとカタカタ自慢のサラダミックスをお土産に。

オーナーさんは食材にすごくこだわっていて、カタカタのサラダも気に入ってくれたようだ。

以外にも深く、長い話をすることに。

お店はオシャレ、味もとってもおいしい!その上、オーナー夫妻が美男美女。サービスも素晴らしい!文句のつけ様のないお店だ。
20090609174918


これからは丸沼ペンション村だけでなく、沼田方面でも何件か配達できるお店などをみつけて、カタカタの野菜を使ってもらえればすごくいいな。

お腹も心も大満足な一日だった。
6月7日

福井県池田町、日本農村力デザイン大学の皆さんが片品にやってきました!

さっそく、にんにく畑を見学。

車から降りる顔ぶれをみてびっくり。

私が知ってるメンバーよりも、初めての方が多く、そのほとんどが若者だった。。

去年初めて池田町を訪れたときにオチをいただいた蓮根のお婆ちゃんも来てくれた!

これまた年齢層幅広く仲良しですね。。

初めて講演したときに、「池田には若者が来ない。本当に農的暮らしに興味ある若者っているの??」って聞いてきたのに、今では片品より増えてるでしょ。。

驚きました。


畑や我が家を見学し、お昼は遊楽木舎で餅とピザをご馳走になった。

blog+001_convert_20090609171342.jpg

blog+002_convert_20090609171454.jpg

去年の緑の協力隊、マツウラ君。ピザを平らげて満足そう。

ほんの少しの時間だったけど、久々にみんなに会えて本当に嬉しかったです。

「今度は池田町に行こう!」と精一さんも張り切ってます。

そうですね。今度は片品のメンバーで池田町に行きたいな。。


明日、発売のアエラに掲載予定でしたが、再来週に変更になりました!

よろしくお願いします。
6月6日
連日、麹の仕込みです。
畑も忙しく、そろそろ疲れたな。。と思っていたら、カヲル社長がなにやら取り出した。

小さながま口のお財布だった。決して新しくはないけど、きれいなお財布が二つ。

「ノリピーとみっちゃんで選んで。俺からのプレゼント。」

何か入ってる。。百円玉が10枚入っていた。

20090606195109

「いつも色々もらってるから、お返しだ。それからもう少し、麹の作業が続くけどよろしくね。」

続いて「みんな忙しいから夜の切り返しの作業を一時間早めよう。そうすれば早く眠れるもんね。」とカヲル社長。

ノリピーは涙を拭いてた。。


私は気づいた。。カヲル社長は今まで、私が雇われた中で一番すごい社長だ!!

渋谷時代、店長をしていた私はファッション誌よりも、ビジネス誌を読むのが好きだった。

プレジデントやそれこそアエラなど。

店長として、どうしたらみんなが気持ちよく働けるようになるかとか色々考えていた。

でも実際は難しい。

いいこと言ってても従業員が気持ちよく働ける、自分の仕事に誇りをもってやれなければ、意味ないな。。と思ってた。

体に良いことやってて従業員が体壊してる。。っていう会社たくさんあるしね。

今振り返れば、よくビジネス誌に書いてある、理想の社長、リーダー。。みたいなことをカヲルさんは普通にやってる。。

県庁での講演会でも「手より口が良く動く。」と私が言ったら「いやいや、麹は意外と重労働だから、笑いをいれながらやらないとみんな疲れてしまって続かないんだよ。」って。。そんなこと考えてたなんて気づかなかった。。


この婆ちゃん、やっぱりすごい!!



カヲル社長と一緒に仕事ができて本当によかったと思う。

これでまたノリピーと私の心をつかみ、また明日から頑張れる。

そして、この日のノリピーの日記にはこのことが書かれたそうだ。

「カヲルさんの財布とみっちゃんからもらった首飾りは俺の一生の宝物だ。」

6月8日発売の「AERA」にカラーで紹介させていただくことになりましたよ~。
カヲル社長をノリピーと私が囲む、素敵な写真が載るはず。。楽しみです。

昨日は大豆の種を蒔きました。一粒万倍日+種の森で仕入れた「種まきカレンダー」で一番いい日を選びました。バイオダイナミック農法ってやつです。

毎年それなりに勉強してます。

さぁ、その成果をみせることができるのか。。なんと今週末は、あの福井県池田町の「日本農村力デザイン大学」の皆さんが16人、初片品入りです!!

今まで私が福井県に行って話をしているだけでしたが、リアルな私の暮らしはどんな風に感じるのかな。。楽しみでもあり少し不安。

まぁ等身大の片品ライフを見てもらいましょう。

片品では栽培している人は少ない、たまねぎだって自然栽培でこんな立派にできました!!

20090604143846


20090604144004


おいしい!!!

午前中は毎日麹の仕込み。
20090604090120


その後、行商に行ったり、畑に行ったり。。
毎日、予定がびっしり。

でも楽しいっす。自分の仕事は自分で創る。田舎暮らしには必要なことだと思う。

毎年、少しずつ変化していきながらも、自分の仕事を創っていく。

柔軟にやっていくことが大切だな。。と畑を始めて思った。だって、獣害や天候に左右されて、計画通りにはなかなかいかない。努力しても報われないこともある。

それでもまた明日はくるし。

それでもまた畑にいくし。

それは畑じゃなくても同じだ。どんなに嫌なことがあったって、明日は来る。


農家の人のそういった精神から学ぶことはたくさんある。どんなにうまくいかなくてもまた来年種を蒔く。芽が出るとほっとする。

毎年その繰り返しだな。。


だから落ち込んではいられないよね。

少し前に、がっかりの出来事があった。明日を絶つ勇気があったならもう少し、柔軟に生きることはできなかったのか。。



ペンション不思議草さんの念願の看板犬、コータロー。まだ5ヶ月の子犬です。

20090604090114


かわいい。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。