片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今朝は霜がばっちり降りました。

畑一面、氷の世界。

レタスたちも寒そうです。

20081031173647


こんな日に限って行商。。

でも前日に収穫しておいたから大丈夫!

今週もペンション村の方々ありがとうございます。

今日はあるペンションさんから嬉しい声を聞きました。

3週続けて埼玉からやってきている家族。
引きこもりで学校にも行けず、食事もひどいときは部屋からでれないっていう中学生の息子さんがカタカタのサラダは食べてくれるんだって~!!

「このサラダは都会から来た若い人が一生懸命つくってるんだよ。」っていうと微妙に反応してくれるそう。。

「でも息子さんがそうなってしまうのもわかる気がする。。息子さんだけが悪いわけではないのよ。」って奥さん。

「でも自分も忙しくて満足に子育てできなかったからなんとも言えない。。」って。

フムフム。

今のいろんな問題の中心にあるのは、核となるのは、最小単位の家族なんじゃないかな。

その家族を支えるお母さんの役割は大きい。

だからこれからお母さんになる私たちの意識が重要だ!っていう思いからこの片品生活塾は始まってるし、これは会員制でもなければ会費制でもない。

完璧なお母さんを押し付けるわけでもない。

ここに来る人たちが少しでもそんな意識を、頭の片隅にも持っていて欲しいとおもっている。

そしてここに来る人や、村の偉大なお母さんたちを通して一番は自分が勉強させてもらってる。

明日、新宿御苑で行われるライフスタイルフォーラムでは、そんな話ができればと思ってる。

テーマは「幸せ家族計画~;幸せな暮らしは家庭にある~ 」だもんね。

このテーマで話すことは初めてだけど、私の農的暮らしの話より、もっともっと根っこの部分になる。

この根っこにあるから、いろんなことにチャレンジできたと思う。

だってこれからお母さんになるんだもん。

5年前の私より、子供に伝えたいことがいっぱいいっぱいできた。


明日、新宿御苑にぜひ来てください。

幸せ家族が増えれば社会はもっと心地よくなる。



スポンサーサイト
カタカタ常連さん。みなさんご存知!内田さんの素敵なお家兼ギャラリーにてkatakata展開催します!

炭アクセサリーやカタカタ野菜はもちろん。相変わらず、いろんな人のいろんなモノが登場します!!

横浜市鶴見区東寺尾1-31-15  045-573-6645

210.jpg


2008年11月4日(火)~11月9日(日)
炭アクセサリーと片品村の野菜とお花

キリヤマ ミチコ/片品生活塾  (在廊日 11/4,8,9)
笑顔で、愉しい愛情たっぷりのお母さんが、これからの日本を変えていく!

■炭のアクセサリー 
■金次郎炭 
■katakata野菜(無農薬・自然栽培)
■お味噌 
■遊楽木舎のりんご 
■風土倶楽部のおすそわけ商品



Special①

■晩秋の野の花を楽しむ会 ~カゴを使った野の花をしつらえるお花の教室です。
11/6(木)10:00~ ¥5,000(材料、器付)/要予約
フラワースタイリスト 平井かずみ(ikanika)

天然生活の連載でもおなじみのかずみさんが今年もお花の教室を開いてくださいます!

Special②

■マクロビオティックランチ ~有機栽培の米・野菜を使ったランチです。
11/6(木)12:00~ ¥1,500/要予約(限定10食)
片品の特産品、花豆などもお楽しみいただけます。

おなじみチョシさんのおいしいランチです!

Special③

■cafe open ~ケーキとコーヒーのおもてなし ¥500
 11/8,9 11:00~17:00

セトヤマ先生、横浜出張です!!!

皆様のお越しをお待ちしております。

尾瀬高校で去年から実施されているSCP(スチューデント・カンパニー・プログラム)。16週間だが、株式会社を設立して実際に商品開発し、販売する。

去年は2つの会社が設立し、それぞれの社外取締役に大家さんのフミオさん、笠松おじさんが選ばれた。

私はそこで商品化されたみつろうキャンドルにえらく惚れた。

「来年はキリヤマさんも協力してください!」と言われていたな。。

と思ったら「明日会社の設立式なので参加してください!」と急に頼まれた。

「明日は炭だしの日なので。。」と断った。今忙しいし。。高校生のパワーについていけないし。。って思っていたら。。

炭だしをしながらその話をしたら、いつものんきな賢一さんが、「みっちゃん!今日は早くあがっていいから尾瀬高に行きなさい!!!」としつこく言われ。

何だよ~!!と文句を言うと、賢一さんと師匠は「尾瀬高地域サポーター」という尾瀬高に熱い熱い思い入れのある人たちだった。

ということで灰臭いまま尾瀬高に。

すると。。なんと立派な設立式で、「社外取締役 桐山 三智子様」と前に席まで用意されている。。

私が社外取締役。。いきなり出世した。

まずはSCPの説明を1時間半聞く。全国でも20校くらいが参加しているそう。
この会社を通して、高校生たちに「意思決定」と「責任」を感じて欲しいとのこと。すごくいい経験だな。。

この会社に参加できるのは希望者だけでだいたい40人くらいいたかな。

尾瀬高生はすごい!意見をバンバン言うしなんだか楽しそう。

最後は2会社が設立し社長は両方女性!

選挙までして女性が勝ち取った。涙まで。。

あ~。私の高校時代はなんて薄汚れていたのだろう。。学校で涙なんてあり得なかった。そんな私がこんな清い高校生たちと。。

大丈夫か??

どんな展開になるのでしょうか?

それにしても地域サポーターズには参りました。

11月1,2日今年もまたグリーンフラスコ自由が丘店の収穫祭にカタカタの野菜が並びます!!

自然栽培で育てた人参・サツマイモ・じゃがいも・花豆、そして遊楽木舎のりんごも登場です!

今年は天候の影響で花豆がうまくできなかったと近所の人は言います。

カタカタは今年初めて作ったのでどんなもんかよくわからず、心配でしたが。。

カヲル婆さんと賢一さんチェックによると。。

「上出来!」と褒められました!!

20081030084647


やった~!

今年はビニールに包むのが嫌なので新聞紙の包みます。

皆様ぜひぜひグリーンフラスコ自由が丘店へ!
20081029070854


カタカタで収穫できた少~しの「かれーからし」と「とにかくかれーからし」はカタカタ仲間のもこちゃんに送りました。

もこちゃん、お得意のインドカレーになりますよ~!
11月2日に行われる東京の町工場を盛り上げよう企画。「まちこうBAR」のモコメシとして登場します!!

もこちゃんのブログみてね。
個展に向けて作品をいっぱいつくっている。

そんな中、今日は岩鞍ホテルの売店に置いてもらってるアクセサリーの追加オーダーが。

久しぶりに行ってみると、戸倉婦人会で炭アクセサリー講座を受けてくれた方がフロントにいた。

炭アクセサリーは大好評だったらしく、またやりたい!ってみんなが言ってくれてるって♪

あんなに若い人が出てきたのは初めてだったそう。

嬉しいな~。

そんなことで岩鞍ホテルでもホテルのお客さんに講師をしてと、仕事をいただけることになりそう!

こんなに炭アクセサリーが広がるなんて。。

そして。。

「みっちゃん!からしが霜にあたる前に三升漬けつくらなきゃ!」としずあんねーから電話。

岩鞍ホテルのすぐ近くに住んでるしずあんねーの家に行ってみると。。

入るなり。。「かれー!!!」家中がかれー!って感じです。


20081028221020


なんとしずあんねーはもう三升漬けを8瓶もつくり、さらに親戚の分も大量につくっていた!!

親戚だってそんなに食べないだろ。。って思ったら、親戚の人がまた近所の人に配ればいいんだ!
って。

しずあんねーの家に来る前にカヲル婆さん家に寄ったら「しーちゃんに(二人は同級生)野菜もってけ!あればあったで近所の人に配ればいい!」って同じこと言ってた。

すごいと思いませんか?

都会の人にあげても「こんなにはいらない」ってよく聞くけど、「近所の人にあげるね。」って中々聞かない言葉だよな~。

しずあんねーが三升漬けを作り続けるのと、カヲル婆さんが味噌を作り続けるのは同じ理由があるような気がした。

私もそうでありたい。


しずあんねーにもらった「かれーからし」と「とにかくかれーからし」は自然栽培だと成長が遅く少ししか採れなかったが、しずあんねーはメチャメチャた~くさん収穫して、私たちや三升漬けファンの笠松おじさんにもくれた。

家に帰って遅くまでセトヤマさんとからしをひたすら切りました。。

これで今年の冬は毎日の鍋がうまくなる!

内田夫妻はなんと横浜で畑を始めたそうです!定年後、時間があるからって、夫婦で畑。いいですね~。
今回、内田さんは11月4~9日まで内田さんの自宅兼ギャラリーで行うカタカタ展の打ち合わせも兼ねて来てくれた。

こんな素敵なDMができました。欲しい方は住所をお知らせください。

20081027092551



内田さんはカタカタ常連であり、片品もいろいろ探索しているので知り合いが多い。

私がいなくても遊楽木舎で林檎を注文し、師匠から炭を買い、野菜をいっぱいもらって帰ってくる。

その分、内田さんもお店で宣伝したり、お店の商品を片品のみんなにプレゼントしてくれたりする。

先日は「みっちゃんのお世話になってるお婆ちゃんにプレゼントして!」ととっても素敵な洋服をくれた。

何人かのお婆ちゃんにさっそくプレゼントしたこともある。

昨日、近所のオキヨ婆さんに、えごまの収穫を教えてもらいに行くと。。

「これ何ですか~?」「食べられるんですか~?」とオキヨ婆さんの畑で内田さん。

「食べれるよ!食べてみろ!」ってなんでもくれるオキヨさん。

「オキヨさん、この前の洋服はこの人がくれたんですよ!」と言うと、大量の花豆をプレゼントしてくれた。

ピラミットあじさいが欲しい!と言う内田さん。去年もいただいた近所のヨシコさん家に行くと。。

「これ何ですか?食べられるんですか?」って今度はそうめんうりをゲット。

いきなり大爆笑している内田さん。

「どうしたの?」

「テレビでこういう番組があるのよ!!これなんですか?食べられるんですか?って言うと農家の人は大抵食べ物をわけてくれる。っていうのが!私、それと同じことしてたわ~。。。」

農家の人はいい人ばかりですな~。

こうやってコミュニケーションをとることが村の宣伝になり、片品の常連さんを増やすことになるんだな。

ワレモコウをいただいたしずあんねー、オキヨ婆さん、ヨシコさん。ありがとうございます!

カタカタ展成功しますように。

後は私の作品をせっせとつくらなければ!



いよいよ大豆の収穫に入りました。

畑ももうすぐ終わり、寒~い冬がやってきます。

今シーズンも終わりだな。。

週末は今年最後になるでしょう、大人数の受け入れ。カタカタハウスに来たい!って人が多くて色々ブッキングしてますが、もう慣れました。

多少かぶってもカタカタを愛してくださる、みんななら大丈夫!ということで、最後に相応しい素晴らしく不揃いなメンバーが13人集まった。

今シーズン意外な一面を見た。セトヤマ先生の元部下さんとその奥様方。

W家、とH家の皆様。

おが犬率いるFIWCメンバーとその友人?甲斐さんの紹介?なんだかわからんけどつながって辿り着いた人達。

たにぐちシェフも登場。

常連さん、ギャラリー遊土の内田夫妻。(あまりの人数の多さに民宿に泊まってくれました。)

みんなで落ち葉集め、えごまや花豆の選別。薪集め。炭アクセサリーのパーツ作りまで。やることいっぱい!

ありがたや~。

夜は鍋です!!カタカタの負担にならないようにとW家、H家がそれぞれコンロと土鍋を持参してくれました。

20081025224927


みんなで鍋は最高!お酒がすすむ!!!

20081025225034


気分を良くし、おが犬が持参したベースを取り出した。

前回、「おが犬のかっこいいとこ見たい!」という私のリクエストになぜか、ジュディマリのライブをしかもこと細かく再現してくれたおが犬。(ユキのスカートの振り方まで。)しかもエアーベース、エアーマイクです。

その後、モーニング娘、スピードと続く。大いに盛り上がるが、なぜこれがおが犬のかっこいいとこなのか全くわからない。

今回は、自ら本物のベースを持参。きっとかっこいいとこ見せてくれるのだろう!!

20081025225127


ここまではよかったが。。あとは想像にお任せします。

やっぱ。。おが犬。


翌日はみんなが開墾してくれたにんにく畑で作業。

草マルチがいい感じになってます!

鹿の足跡はいっぱいあるけど今のところ荒らされてません!

20081027092524


来年のGWにはFIWCのみんながさらに開墾し、一度野球をしてから畑にする予定です。


今シーズンもいろんな出会いがあって本当に面白かったですね!みんなありがとうございました。
片品に戻った翌日、もえちゃんと草太と紅葉真っ只中の丸沼へ。

先日の行商で発見した、ペンション「もくもく」さんのお母様が帽子に着けてたコサージュを習いにいきました。

穴が開いた帽子やマフラー、セーターなどに簡単に着けられる!

20081022181103


こんな感じです!

20081022181118




20081022175934


下関から娘さんに会いにくる、お母様のお年はなっなんと83歳!!

20081022180031


この美貌にこのセンス!

こんなオシャレなコサージュ、お母様の中では5年前にブームは過ぎたそうです。。

もうびっくり!

「ミチコちゃんが言わなかったら私も母に習わなかったわ~。」と、もくもくさん。

ペンション・カレンズの恵子さんもやってきてお茶を飲みながら優雅な一時。

83歳でこの美しさ。。もちろん身に着けているアクセサリーも洋服もご自身で作ったもの。

私の知る限りナンバー1ですね。

来年は何を習おうかな??

10月17日が幼馴染で親友ビンの出産予定日だった。

「私の赤ちゃん、まだまだ出てこないから来なくていい。」と言われ。。

土と平和の祭典の翌日に会いに行くことに。(実家から1分の距離)

「朝5時に産気づいて病院に行った!」って~。

「私の居る日に生まれるなんて!」と生まれたらすぐ病院に行くぞ!って準備。

ところが。。全然産まれない。

ビンの婆ちゃんの話では、妊婦は動かなきゃダメなのに実家に帰って2ヶ月ものんびりしてたから、ビンは出産に苦労する。なかなか生まれないよ!

私と仲良しのビンの婆ちゃんに、お姑さんにかなり厳しくされた出産の苦労話を聞かされ。。

出産ぎりぎりまで家事をしたり、超大変。昔の人は大変だったんだな。。

そっか。。最近周りの友人は(片品の人も)妊娠すると実家に帰る人が多い。

もし私が妊娠したら実家に帰っても家には誰もいないし大変なだけだな。。と思っていたけど、実家に帰る必要はないんだな。ぎりぎりまで農業しててもいいんだな。。

その間に同じく妊婦で来週出産予定のシナリーなおちゃんの家に。

なおちゃんはビンとは違い東京でたくましく妊婦してた。

明日は高尾山に登るって~!!

そんな間もビンからは何も報告がない。

病院に行こうとしても追い返された。

どうなってるんだ。。

もう20時間経ってる。。
こんなに誰かのことを心配したことはなかった。

友人たちの励ましのメールがみんなに飛び交う。

結局翌日になっても産まれず、私はタイムアップ。

片品に向かった。

もう心配で心配でしょうがなかったが、49時間かけて超難産の末、やっと産まれた!!と報告が。

「出産は安産が一番!だけど私は今回の超難産で本当に大人になれた気がします。」と本人からのメール。

こうやって母になるんだね。おめでとう!ビン!

20081022171455


次はなおちゃん!頑張って!!
20081020083954


今年の「土と平和の祭典」は日比谷公園で開催された。

2年目とは思えない異様な盛り上がりと集客力。何万人来たのでしょうか?

色々イベントに参加しているとなんとなく見えてくることがある。

う~ん。。かなり気合入っている。いろんなイベントのスペシャリスト達がみんな絡んで得意分野を担当しているって感じ。

音楽、ライブ設備、飲食、農のブース、満遍なくいろんなコーナーがあり、出店者のレベルも高い。

大地を守る会やラディッシュも出店し、それぞれの持つ宅配のお客さん全員にチラシを配っているから見事な集客でお客さんの意識も高い。

みんな気持ちよい人ばかり。

カタカタブース過去最高の売り上げになった。

しかし私はそのブースにはあまりいれず。。

今回は去年の「土と平和の祭典」で出版された「半農半Xの種を播く」の実践者としてトークライブに参加。

話す時間は5分くらいだったのだが日比谷公園が広いため移動やら待ち。他の実践者9名の話などでバタバタだった。

他の9名の方は有名な人や、先日師匠の家で見たテレビの人だったりで驚いた。

でもその人に「いつも増刊現代農業で記事見てます。お会いできるとは。。」と言われまたびっくり。

トークが終わったと思ったら、加藤登紀子さんに「ライブ会場でも半農半Xの話をぜひ。」と急に言われ。。

代表で登紀子さんの娘さんでこのイベントの実行委員長でもある半農半歌手のyaeさん、半農半マクロビオティック研究家の中島デコさん夫妻、半農半NPOなど鴨川でコミュニティつくりをしている林さん、そんな豪華メンバーに私も加わった。

ものすごい人の中、私は半農半Xというより片品で「暮らし」を実践勉強している。その中でたまたま炭アクセサリーを思いついた。と話したところで、オガケンたちが手を振るから何喋ってるかわけわからなくなった。。

は~。。

そんなことより早くブースに戻らなければ。。セトヤマ先生一人じゃブースを任せられん!っと思ったら。

戻るなり天使が!!

商売上手!接客のプロで上品なマダム、ギャラリー遊土の内田さんがセトヤマ先生と共にブースに立っているではないか!!

内田さんが着いてすぐモデルで身につけてくれた新作のクルミネックレスは10分で3つ全て売れ、その後も内田さんが「これがお似合いだわ。」と言うと迷ってた人も決断。

すっすごい。。

そんなわけで過去最高の売り上げになった。


それにしてもこんなイベントを主催した「種まき大作戦」はすごい!

実はこのイベントの主催者でもある「トージバ」のみんなやyaeさんと旦那さんに5年前に少しお会いしたことがある。

みんなはきっと覚えてないだろうけど。。

友人に連れられて行った当時は「トージバ」がまだ銭湯カフェをやっていたとき。

彼らはいろんなことを考えていて、都会に住みながらいろんな活動をしようとしていることや、それができることを私は初めて知った。

途中、鴨川からyaeさんも合流して、私は知らなくて「農家の方ですか?」と聞いてしまった。

あのときのみんなのあの会話が5年後にこんな大きなイベントを主催するなんて。。

あのときのみんなのあの会話のおかげで私は、都会に残って農を感じるより、私は実践を選ぼう!って決意した。

そして5年後、私は実践者として彼らが築いた素晴らしいステージの上でほんの少しだったけど、話をさせていただけた。

みんなは覚えてないだろうけど。

だから私にとって昨日のステージはこの5年の集大成でもあったりして。

そういう経験がまた私に自信をくれます。

種まき大作戦の皆様ありがとう!

これからもそれぞれの道で頑張りましょう!
土と平和の祭典に参加するため、明日から上京です。

ちょうど親友ビンの出産予定日であったり、ギャル仲間にあったり4日間ほど帰ります。

そして。。カタカタに来ているメンバーの中には知っている人も多いはず。それとスキーのお客さんも。

セトヤマ先生が異様に崇高しているインソールがあることを!

体の歪みが補正されるという。。

沼田で開発されたこのインソールがこの度、伊勢丹のオリジナルモデルとして新宿本店を除く6店舗の伊勢丹で販売されます!!!

詳しくはこちら→BMZインソール

この商品はすばらしい!伸びるぞ~!っと笠松おじさんもBMZのアドバイザーをしています。

冬でのつながりがこんな広がってます。

伊勢丹通信をみると靴の専門アドバイザーが見てくださる日があります。28日までです。

私も行って来ます!!

冷え性の方にもお勧めですよ~。
20081017160345


今日は、日本橋の某銀行に勤める素敵なOLさんと一緒に行商です。

彼女は毎日パソコンの中のお金を相手にしていると言っていた。

銀行では不正がないように平日に休みをとることがあるそう。

その休みを利用してカタカタとそしてこれから長野の農家体験できる宿への旅。

お金の感覚がわからなくなるのが嫌で、人間らしさを取り戻す旅を選んだ。

そんな仕事したことないけど気持ちはよくわかる気がした。

凍えながら朝の収穫も手伝ってくれた。

素敵なOLさんに(着てるものも違う)なんか申し訳なくて「休んでて。」と声かけたけど、「寒くない。大丈夫」って最後まで頑張ってくれた。

ただ体験って言うだけではなく、一緒になって働いてくれて。。なんだかジーンとした。

丸沼は見事な紅葉!!

きれい!!

まだ元気なカタカタ野菜にみんなびっくりしてました。

自然農の野菜は、成長はゆっくりだけど寿命は長い。人間と同じですね。

アルフさんに言ったらこんな嬉しいお話が聞けました。

しな、せつ姉妹が片品村で行われている「猿追い祭り」に参加し、そこで「猿を追いながら来年の農作物が動物に荒らされないように願う」と聞き。。

来年はカタカタの野菜が動物被害に合わないように一生懸命お願いしながら走ってくれたそうです。

涙。。

本当に今年は獣害に悩まされたけどその分応援してくれる、カタカタ畑の思いを共有している仲間がたくさんいることを知りました。

この「猿追い祭り」は300年もの歴史があるそうです。

来年はいってみようかな。


今日は炭の入れ替え日。

そして。。待ちに待った増刊現代農業が届きました!

今回のタイトルは「集落支援ハンドブック」です。

その中の「片品村だより」としてなんとカラーページで登場です!!

さっそく師匠とカヲル婆さん、賢一さんに報告。

「お~!すごい!!」

カヲル婆さんも大喜びです。

こんなわけのわからん小娘を数々の無礼の中、変わらず受け入れてくれている大好きな須藤家を最初に紹介できて本当に嬉しく思います。



20081016095150


20081016095216


増刊現代農業リニューアルされ、読みやすくなりました。

須藤家のカラー写真も載っています。ぜひお買い上げください!

書店にない場合はこちらから注文くださいね。

おが犬たちは8月に自ら開墾しつくったうねに植えられたにんにくを見学(芽がでてきた!)。

途中植えられた、しずあんねーからいただいた「かれーからし」をFIWCの4人全員でかぶりつく。。

「かれー!!!!」って大騒ぎ。4人で一列になって水道へ急ぐ。

そして、若者の恒例、からいとわかっているのにジャンケンが始まる。

「こいつら。。」

そんな若者チームを見送り入れ替わりにやってきたのは、あさだ姉さん中心の優雅な中年チーム。

「私たち中年は自立したから。」っていうけど、自立したというか片品にきて笠松おじさんと仲良くなり、笠松おじさんと姉さんの共通の知人(というかもとはこの方の紹介で私もなかよくなったのですが。。)ムラカミさんも加わり、さらに池田町のイトウさんも。。

中年チームの新たな青春って感じ。

ムラカミさんと笠松おじさんは石田純一風にトレーナーを肩からかけて。。さわやか。

さっきまで辛くて吠えまくってたおが犬とは大違い。

そして中年チームはイベント後の疲れた私たちにこんなすばらしいものを用意してくれた!

20081014220701


あさだ姉さんお取り寄せの一品。

「走る豚」のしゃぶしゃぶ~!!

中年チームと昼間から優雅な昼食。

詳しくはあさだ姉さんブログで♪
最近のカタカタハウスには、グットマザー予備軍の若い女の子に負けないくらい、グットファザー予備軍の男の子が増えている。

いつしか「セトヤマ男塾」という名前までついた。

カタカタに集まる女の子を見ていると早急に「いい男」を育てなければ!と思う。

カタカタにはもちろんいい男集まる。。よね?

GWに突然一人で来たオガケンは確かカタカタで誕生日を迎えた。

そしてFIWCのイケメンシェフ!末吉君はなんと感謝祭の翌日13日が21歳の誕生日!

料理上手でイケメンなのに彼女とではなくカタカタで誕生日を過ごす。。

なんでこんなイケメンが。。

カタカタを去る際、「ミチコさん、昨日僕が作ったこのフェルト置いていきます。」

20081014210314


ラーメンマン。。

確かに上手だけど。。

これじゃあ。。難しいよな。。

21歳の末吉!次回は男塾入門だ!!炭焼きだ!!!
10月12日。お天気にも恵まれ、katakataと遊楽木舎の感謝祭+育恵時間を無事に開催することができました!!

顔の見える小さなイベントのはずが。。

なんといろんなところから縁あって知り合った仲間が93人。子供を合わせたら120人もの人が集まった!!

本当にびっくりした。

1歳から70代までいろんな人が集まって、最初はヨソヨソしかったが最後は120人もの人が入り混じり都会の人も村の人も一体になっていた。

これを読んでもあの会場の雰囲気は伝わらないと思う。参加しなければわからない。

今日、ここで起きたいろんな化学反応は一人一人の心に残って、その想いをきっと大切な誰かに伝えるだろう。

そうやって集まった人たちだから。

そして何より嬉しかったのは村の若いママたちが予想以上に集まってくれたことだ!

子供たちが本当に楽しそうだった。

カタカタの仲間たちも子供に戻ったみたいに本気で遊んでた。

都会の子供も村の子供も。。みんな一緒に、みんなに面倒見てもらってた。

私はまだ子供を産んでないが、グットマザーもそうだけど、子供たちのことが気になる。

子供が笑顔でいられる環境をつくること。それには大人が笑顔でいられる。大人、つまり自分や周りの人々が楽しんで暮らせる環境をつくることだと思う。

先日書いたが、村で何かをやるのは正直避けていた。でもそれを避けていたらだめだ。

自分が楽しめる環境は自分で創るんだ!


「よい村の7つの条件」

・よい仕事
・よい居住環境
・よき文化(楽しみ)
・よい学び
・よい仲間
・よい自然・風土
・よい行政


今回のイベントでは、よい文化(楽しみ)、よい学び、そしてよい仲間がつくれたと思う。

待っててはだめだ。やってみなくちゃ。

これでみんなとの絆は強くなったよね。


20081013135722


FIWCのOBよーこさんの古布の手仕事。マイハシ入れ。

20081013135800


芝生の上ではゴロゴロしたりライブしたりヨガしたり。

尾瀬高の高校生も来てくれて、気づくとピースボートで世界一周したメンバーとオガケン率いるFIWC海外ボランティア軍団の中に混じり円になってお話会。。なんて光景も。

20081013233508


ちあきちゃんとさくちゃん、庭師のたかちゃんは、竹でテントを作ってこんなかわいいお店に。

フェルトのワークショップや土器つくりは大好評でした。

20081013233642


「しなせつ屋」として二人でお店をだしてくれた。ポストカードは大人気!笠松おじさんの竹馬も意外な人気を集め。地元の子供から注文依頼も。

そしてそして。。ローラのハロウィンかぼちゃつくりには子供とお母さん、ん?地元の子供がFIWCのイケメン社長のひざに座って一緒に工作!できたのがこれです。
たくさんの子供が参加してくれました。

20081013233512


他にも「コギリ」ライブでは盛り上がり最後は踊りだし精一さんお得意のダンスも披露。

片品産のひょうたんだと知ってみんな驚いてた。

草太は演奏に夢中!!

唯一、微妙だったのは突然乱入してきた「オガケンの恋愛相談!を聞く(?)」それと「オガケン・もう一度見たいドラマ・漫画の名場面を再現します!」

なんでこの人はいつもこんななんでしょうか?

本当にいろんな意味で微妙でした。

おもろかったのは、私がオガケン話をしすぎて会場のほとんどの人が「あ~この人がオガケン。。」って、なぜかみんな知ってる。。池田町の伊藤先生まで。。(笑)



みなさんのご協力に感謝します!

早くも「春にまたやって~!!」の声が続々と。

どうしましょう。。

え?オガケンまた再来週も来るの??
10月12日に開催する「カタカタと遊楽木舎の感謝祭+育恵時間」。

知り合いや価値観の共有できる人たちとゆっくり片品の秋を楽しみたいな。。と思っていたら。。

なんとカタカタの予約だけで65人も集まった。

どの人もカタカタの大切な仲間たち。

いつの間にかカタカタには欠かせない仲間がこんなに増えていたんだ。。もちろん来れないメンバーもたくさんいるけど。

もえちゃんと当日の準備。

ミシンでちくちく縫い物。


20081010155457


草太は自分のマイ太鼓を買ってもらってご機嫌。

当日、草太の演奏もきっと見られます。

先日案内したよりも、お店は増えてます。

●金次郎師匠一家はとうもろこしを1本100円で販売!賢一さんが炭火焼もしてくれます。こちらは150円だそうです!!

●ペンションアルフさんのかわいい娘さんたちは自分で作ったポストカードを販売するそうです!

●藤井家は新米でおにぎり~。

●アーユルヴェーダのサトミちゃん、かずみちゃんコンビも来てくれますよ~。

●精一さんが惚れた。ネパールのヒーリング音楽。無理やりお呼びしちゃいました!

●横浜のT幼稚舎からもあるものをやってくれるそうです。

●笠松おじさんは竹馬を目の前で作ってくれます!

楽しみがいっぱいです。
20081009205505


8月31日に行われた「農ハウ2008in青森」のシンポジウムが大きく新聞記事になって我が家に届いた。

東奥日報・秋田さきがけ・岩手日報・山形新聞・河北新報・福島民報・福島民友新聞・新潟日報。。東北8新聞全社で大きく取り上げていただいて。。ありがとうございます!

ちと、二重あごの私がいっぱい写ってる。。

記事の内容は自分で言うのもなんだけどすごくよかった!

これは親に自慢できます。


どんな内容だって??知りたい方はこちら→農ハウ2008in青森
よっちゃんファームの元の持ち主、初美さんが採れたてのきのこをくれた。

20081009205435


昨日、初美さんの旦那さんで一昨年天国へ旅立った私の恩師でもある、ヨシヒサさんの声が聞こえたそうだ。

夢にでて「山に行くぞ!」って。

それで山に行ってみたら大量にきのこが採れたそう。

ずっと見守ってくれてるんだな。。
10月8日
尾瀬高校の全校生徒さん、180人の前で講演してまいりました。

体育館。。久しぶり。

最初にお決まりのドキュメンタリーを見ていただいて、感想や質問を書いてもらった。

その後、私の高校時代の話から片品村に来るまで話などをした。


続いて、前日に顔合わせしたメンバーと対談。

私から地元の高校生に聞きたいことを尋ねた。

昨日の打ち合わせではけっこういい話がでたがやはり全校生徒の前だとあまり話は進まず。。

う~ん。高校生の気持ちを聞くのは難しい。まぁ自分もそうだったけど。

みんなあまり聞いてないみたいな感じだったが感想を読むとびっくり。

すごくいいことが書いてあった。

「外から見なくちゃわからないか片品のよさを知った。」

「片品が嫌でしょうがなかったけど見直しました。」

「私も将来は片品に住んで野菜をつくりたい。」

「都会から若い人が来て農業しているなんて知らなかった。」

「都会の暮らしがうらやましいけど、都会の人は逆に田舎の暮らしに憧れてるんだ。。今までわからなかったけど、今貴重な経験をさせてもらっているのだから一生懸命がんばろうと思う。」

「農業は人を変えるんだ。」

「目指したい。」「かっこいい!」

「カタカタハウスに行きたい!」「無農薬野菜食べたい!」

「おばあちゃんに料理習いたい。」

「やっぱ片品いいところだ。」

などなど。すばらしくみんな何かを感じていた。


意外~。

そして講演が終わったら、知り合いの娘さんたちに声をかけられた。

こんなかわいい娘さんがいたんだ~。。

「お父さんとは口利かないから。」って。

普段知ってる人の父親の一面も見れた。

地元ってすごい!

放課後やることがないという高校生が結構いることを知って。。だったら今度遊びにきなよ~!って感じで今度の感謝祭にもお誘い。

高校生に来てもらえるといいな。



最近、ポンタ農場にも何か動物の気配が。。

笠松おじさんにつくってもらったししおどしをセット。

20081009174608
20081007194007
明日、地元にある尾瀬高校にて全校生徒の前で講演する。

う~ん。

講演すると言っても、なんせ私は高校がつまらなくて毎日バイトとカラオケとプリクラ、合コン、渋谷の109で買い物。。遊び呆けていたので高校生たちに何を話したらいいかわからない。

むしろ片品周辺に住む高校生たちが何を考え、毎日何をしているのか超疑問に思う。

担当の梶原先生に聞いたら、「では講演会の中で直接生徒に聞いて見ましょう!」ということになった。

突然生徒に聞いても答えられないだろうし、私も尾瀬高の生徒たちがどんな感じなのか知りたかったので今日は前日の打ち合わせをした。


女の子はすぐに4人集まってくれた。

男の子は。。なんと冬の間、お世話になっている「山の家 えびやん」の息子さん、のぶくんが4人も引き連れて話しに参加してくれたのだ。

ブログでもたびたび紹介しているがえびさんの息子、のぶくんはえびさんとは大違い!人前で話すタイプではなく家に居てもめったに会えない、一緒になかなか食事できない男子なのだ!!

だから私は本当に本当に衝撃で感動で、とにかく嬉しかった。

そして話を進めていくと。。すごく面白い内容になった。

たとえばこんな質問。

「普段なにしているの?」

「どこに行くにもお金がかかるから家でじっとしている。」

確かに最寄り駅に出るまでにバスで往復3000円もかかる。

家から15分歩けば繁華街に出れて渋谷まで往復500円で行けた私とは大違い。

「都会の高校生のイメージは?」

「チャラい。」

確かに。

「都会にあこがれる?」という質問にはみんな「東京のような大都会には憧れない」と答えた。

そっか。。「みんなにとっての都会ってどのくらいから都会なんだろう?」

「歩いてコンビニに行けること。」

お~!そうなんだ!!

リアルな声だ!

田舎では何もすることがないし、何をするにもお金がかかる。職もない。とみんなは言う。

「じゃあ、大都会にも憧れない、みんなはどんな風にしたらもっとこの場所が魅力的になるんだと思う?」

と言う質問で時間切れになった。

この続きは明日になる。

さあどんな話が聞けるのだろうか??

最近何か物足りなく感じている。

なんだろう??ってずっと考えていたらわかった。

池田町のデザ大に参加してから、村の人と何かを作り上げたり、共に学ぶということをしてこなかった、自分に気づいた。

村に入った当初は色んなイベントに顔出したり、スタッフやったりしたけど、すごく難しいこともたくさんあって。。でもその難しさがあったから今がある。

だからその今を大切にしていかなければいかんな。

そんな時、去年片品村に結城先生が来た時の話を思い出した。

「よい村の7つの条件」

・よい仕事
・よい居住環境
・よき文化(楽しみ)
・よい学び
・よい仲間
・よい自然・風土
・よい行政

自分達の努力がなくてはよい村を持続することはできない。

多くの難しさがあって今がある。今を共に創る仲間と多くを学び多くを楽しむことが重要ではないかな?

そんなことを精一さんともえちゃんに話した。

二人とも結城先生のその話はよく覚えていて、偶然にも精一さんのデスクには「7つの条件」のメモが貼られていた。


今週末の感謝祭がそんなイベントになったらいい。

もえちゃんは片品村に来て初めてできた友人だ。
結婚する前は二人でいろんなことをしてきた。難しいことも二人で乗り越えてきた。

今までいろんなことに顔出してた、もえちゃんも結婚して草太が生まれてから、それをしなくなった。

だから二人でまたやろう!ってまずは一緒にチラシをつくった。


20081007093458


嬉しい事に池田町で出会った東海大の教授であり池田町と渋谷をいったり来たりしている伊藤先生が、これまた偶然にもあさだ姉さんの10年来の知人で、感謝祭に来てくれることになった。

その伊藤先生はなんと去年の同居人でアメリカにお嫁にいったまやちゃんの先生だった。

この繋がりはおどろき!

そしてまた偶然にもアメリカにいるまやちゃんから手紙が。

結婚の報告だった。

結婚式は彼の家族と5人だけで挙げたという。

自分で縫った手作りのドレス。指輪も自分で編んだ。本当にまやちゃんらしい。

週末に行う小さな小さな感謝祭。

今のところ40人くらい集まりそうです。

みんなで共に楽しみ学べる会にしたいです。

参加してくださる皆様どうぞよろしくお願いします!
片品に戻ると、埼玉のスノーボーダーチームJAGの平日組が来ていた。


そろそろ母屋の管理人も交代の季節か。。

夏はカタカタの思い出でいっぱいの母屋は、冬になるとJAG達の集いの場になる。

冬の準備が着実に始まっている。

この冬もまたいろんな人が来てみんなが母屋をどんどん暮らしやすくしていく。

母屋に障子もはいるよ。

20081007081844



横浜のみんなに野菜を届けたいと思っているが、今年は全然野菜ができずに実家にも帰っていない。

すいません。

なので上京すると最近はセトヤマ先生の実家、府中に泊まらせてもらっている。

久々に上京したのだから東京を楽しもう!

セトヤマ先生のご両親に勧められ都営線乗り放題のチケットを購入。

よ~し色々まわるぞ!!

まずは新宿へ。

5年ぶりにパークハイアットのデリを見学し、OZONEでインテリアのお勉強。

その後、浅草橋でアクセサリーのパーツを仕入れ、銀座へ。

途中、大江戸線に乗ったら、なんて階段が多いんだ~。

もっと途中下車する予定が二人ともダウン。

考えてみれば片品にいると階段に会わない。

階段ってこんなに疲れるっけ?

毎日この階段を使用している都会人はすごい!

コンクリートのせいもあるのかな?

足が筋肉痛になった。

でも久々の都会、色々刺激をいただきました。

私の炭アクセサリー、もっとクオリティーをあげることができると思う。

頑張るぞー!

久々に上京です。
今月から東京朝市が日曜から土曜日になりました。

朝市で買った野菜でゆっくり調理して食べて欲しいから。。だそうです。

素敵!

ですがこちらは日曜上京のようにはいきません。

都内が日曜と違って渋滞なんだな。。

代々木公園に向かう途中、お腹がすいて。。朝8時ごろ久々に大好きなお店へ。

富ヶ谷にあるパン屋さん。「ルヴァン」みんな最高の笑顔で迎えてくれる!いつ行っても気持ちよい店だな~。

野菜を少しおすそわけ。

「みっちゃん、また炭の展示会やってよ!」

よ~し!来年の春先にでもkatakata展またやろう!!

代々木公園にはいつも馴染みの顔がそろう。

片品で会ったあの人達がまた再会したり。

とにかくみんな生き生きしているんだよな。


そしてこんな手作りの差し入れをくださる方も!

20081006184632


お弁当!ありがたいです~。

朝市は炭アクセサリーを販売して新しい人と出会うこともあるし、またみんなの集いの場所にもなっている。

私は販売よりも最近、ここでみんなと打ち合わせすることの方が多いかも。

力を貸してくれるという人が増えてきた。

そろそろカタカタも将来設計をしなくてはいかん時期だと思う。

みなさん今月もありがとうございました!

次回は10月19日の土と平和の祭典でお会いしましょう♪
今日は丸沼行商です。

カタカタメンバーも行商に着いて来るとみんなはまる!ってほど、ペンションもくもくさんの奥さんはすごくオシャレなアクセサリーをつくる。

ペンションの室内もものすごくセンスがいい!

「どこでセンスを磨いたのですか?」

「私は山が好きで特に何もやってないわ。」

って。今日、その謎が解けた。

山口県から来たお母さん。おそらく80歳くらい。。

めちゃめちゃおしゃれだった!

フェルトでこんなかわいいモチーフもつくってしまう!

20081003143317


しばらく丸沼にいて親子で小物つくりをするんだって。

いいですね。

さぁ明日は2ヶ月ぶりに上京するぞ!

東京楽しみです。
炭出しに金次郎師匠の家に行くと久々にある人と再会した。

以前、地域調査のお仕事でお世話になり、現在県庁を離れ片品村の教育委員長をされている飯塚さんだ。

今日は師匠にお願いがあってやってきたそう。

10月4日から開催される「三人委員会哲学塾in片品」にて地元の人の話として師匠に話をして欲しいと言う。

その他にも尾瀬高の先生や尾瀬ドーフの社長さん、オゾンシアターの会長さんなど片品著名人が挙げられていた。

う~ん。男性ばかり。。

ちょうど尾瀬山岳ガイド協会会長のマツウラさんも師匠家にきて、一緒に当日の打ち合わせをしていた。

マツウラさんは先週訪ねた戸倉地区の方で尾瀬の現在までの歴史、いいときもそうでもない時も全て知る方だった。

みんなで一緒に話しながら賑やかな昼食に。

20081001190713




マツウラさんはこの50年の変化を話してくれた。尾瀬だけではない。民宿も、テニスコートも体育館も変わりゆくお客さんのニーズに合わせて作ってきた。

そして今、世代交代を経て片品村の民宿は変化がおきているという。

お客さんがいないとか、何かのせいにしていてはダメだ。テニスコートをつくった時、ものすごく営業に力をいれた。

熱く話すマツウラさん。普段なら師匠の方が喋り捲りなのに、師匠は黙って聞きながらまとめた。

「棚から牡丹餅を待っていてはいかん。いつの時代も努力しなければいけない!」

師匠かっこいい!

こんな熱い話を壁の向こうでさりげなく聞き耳たてて聞いているカヲル婆さん。

20081001190648


こうやってカヲル婆さんは何も言わないけど、自分の哲学を養っているのだろうか。。

カヲル哲学塾を私は聞きたい!と思い、今私が悩んでいるこんな質問を。

来週、尾瀬高校で講演をする際、私は今の高校生に何が伝えられるだろう?伝えたいメッセージはあるのだろうか?って考えてる。

「今の高校生に伝えたいメッセージってある?」


「勉強していい大学に入ることよりも、まずは自分の足元を見よ。」

即答。

おっ恐るべしカヲル哲学。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。