FC2ブログ

片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

昨日の夕方、遊楽木舎の精一さんに会った。

「猿の被害がいよいよでたな。。これは農家にとって深刻な問題だ。」

精一さんが猟友会に相談したところ翌日の朝、出動してくれることになった。

誰だってそうだけど、猟友会は猿を打つのは嫌だそう。

「でも、被害を深刻に受け止め出動してくれることになった。今までは猟友会に任せてたけど、我々にできることがあれば手伝おうではないか!ここで農家の意地をみせよう!」

棒をたたいて音を出しながら猿を追い詰める仕事があるらしく、それなら農家の人でもできる!とのことで、本当に人事ではない自分達で守らなくては!

「これから農家の人に呼びかけてみる!」と精一さんは軽トラを走らせた。

私はきっと足手まといになるな。。でもとりあえずみんな仕事を持っているのに猟に出てくれるのだから、猟友会の方々にお礼を言いたい。

翌朝6時に集合場所へ行ってみた。

20080827102458


ほとんどが60代くらいの猟友会メンバー15人くらいと、蛍光ジャンパー着て気合入ってるセトヤマさん、私、精一さん。と農家の人はいなかった。

裏に隠れていたけど、「前に来い!」と言われ。。

私も猿を追う係りになってしまった。

しかしそう簡単には猿は見つからない。。

そしてだんだんハードになってきた。

誰もいない山に挟まれたような大根畑まで車で行き、「よし!ここからこの山を降りて一気に追い込むぞ!」

って言うけど、超急斜面。

私は足がすくんで降りれなく。。置いていかれた。

一人になってみるとものすごく怖くて、平らな道を行こうとするが。。どうしよう。。。場所もイマイチわからない。

仕方なくまた大根畑に戻ると。。ひょえー!!!

なんと200メートルくらい先に猿の大群が現れた!!!

山はみんなが入ってるので追い詰められて畑に出てきたようだ。

どうしよう。。

山に向かって叫ぶが当然聞こえない。

は~。なんで猟友会の人よりも精一さんよりも私が一番に猿を見つけなくちゃないないの??

しばし猿の群れを見つめながら、こうしていても仕方ないので走って助けを求めた。

普段方向音痴な私がすんなり道路に出れて運良く人がいた!

「みんな猿がいました!こっちです!!」

鉄砲もったみんなが私の一声で一斉に動き出した。

先頭きって軽トラで猿の群れへ向かう私。ちょっとかっこよかった。(笑)

すると。。。

なんと100匹くらいの猿の群れが!

みんな一斉に山に逃げた。激しい銃声!!

結局、一匹腕にあたっただけでしとめることはできなかった。

その後も山を登り谷を下り、セトヤマさんは崖に落ちそうになりながら頑張ったが結果は同じだった。

猿は利口だ。。

殺すより、一匹でも半殺しにしたほうが効果はあるそうだがどうなのかな?



昨日はショックでセトヤマさんと口も利かずただ悔しくて悲しくて酒を飲んでたけど、自分にできることはやった!今日は少し気分が晴れた。
それに猟友会の人とも仲良くなれて菅沼部落の山は詳しくなったしね。

しかしまだまだ戦いは続くな。。
スポンサーサイト