片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20061130001929

なぜかNHKの「こんにちは いっと6県」という番組に出演することになった。
今日は一日撮影。。

今は畑も終わったしみんないないし、どんな風に私の生き方を紹介してくれるのか。。

12月5日 11時45分(時間は定かではない)→訂正:11時5分過ぎでした!

恥ずかしいけどよかったらみてください(;^_^A
スポンサーサイト
20061129080234

5月のファームウェディングが縁でこんなイベントが開催されます!

炭アクセサリーで私も参加しますよ~

みなさん来てくださいね!

【真空ナイト】
催しもの☆アフリカンダンスと太鼓☆阿波踊り☆早稲田バンザイ同盟☆DJ;willow☆Tシャツ&手ぬぐい販売 などなど

日程:12月2日(土)

場所:ぱちか村@高円寺

OPEN 15:00
CLOSE 25:00

Charge ¥1500(1drink+1food付)
20061128224235

益子で苗をいただき、ひょうたん作りに挑戦したが結果は6個しかできなかった。
でもでも、、

ひょうたんを植えた畑の隣になんと、ひょうたん名人と言われるハチアニーが住んでいた!

すごい偶然(;_;)

ハチアニーはかっこいいひょうたんを作る上にひょうたんに彫刻したり顔を書いたり、すごいアーティストだった!

作ったはいいがどーしたらいいかわからなかったけど、ハチアニーに教えてもらった。

来年は先生にひょうたん作りから教えてもらうぞ!

ハチアニーのアトリエより。
20061127230518

私たちのアイドル79才のおばあちゃん、シズアンネーがヨリゴトがあって色々な料理をこせーるということで、私もお手伝いさせてもらった。
どうやら親戚の法事らしいが、ここの家ではすべて手作り料理でもてなすようです。
その品目の多さに驚く。

けんちん汁・羊羹・きんぴら・山菜・茶碗蒸し・漬物手打ちうどん・おやき・白和え・刺身などなど、、

けんちん汁の作り方、片品では、最初に木綿豆腐をほぐして油でよく炒めるんです。
だしをとったこんぶは刻んでねぎとめんつゆで和えたり。
勉強になります。

こんなときまた嬉しいのは出会い。

見ず知らずの私に色々教えてくれた、シゲネーとマコネー。
二日続けて呼んでくれと食事とお風呂までいただき、しばらく一人生活のはずが毎日とんでもなくにぎやかな食事になっている。

なんで片品の人ってこんななんだろう(T_T)
20061125203118

よっちゃんファームで採れた「しゃくしな」を漬物用に干すのと、茹でて乾燥させるのと二種類つくりました。
「しゃくしな」って横浜では聞いたことなかったけど、片品では漬物にして冬から春にかけて食べます。
野沢菜みたいな感じかな。
冬の片品には貴重な食料です。
20061124233106

尾瀬ドーフの大白大豆畑、8町歩ある畑を今年は、東京から単身で牛舎に住み込んで働いているモトダさん・ソバ打ちの名人シイハラさん・長野から大豆畑に惚れて半年勉強に来たエイチャン・私の4人を主に働いてきた。

4人とも今年の冬はバラバラになる。

昨日は解散パーティー。

近所の農家レストラン「みのり」へ。

仲良しの「みのり」さん夫婦も交ざって飲みました。
「みのり」さん夫婦にはいつもいい話を聞かせてもらう。
最小単位の「家庭」を大切にしたい。とか、奥さんが自由に泳ぐだんなが溺れないように浮き輪を投げる、、とか。

いい時間だったな。

半年一緒に働いたみんなとお別れは淋しいです。

特にエイチャンとは、いつも一緒だったから、お互い励ましたり励まされたり、、長野に帰って実家の果樹園を継ぐ。ものすごい財産だよね。
エイチャンなら地元に新しい風を入れてみんなに応援され支えられる果樹園にしていけるよ!

片品の半年は彼女にとっても勉強になったみたい。
朝5時まで語ってしまった、、

おばあちゃんになってもお友達でいようね!

ありがとうエイチャン~
20061122224348

先日、片品でお世話になっている人のお誕生日にカタカタにいるみんなから、その人が欲しがっている籐のアームチェアーをプレゼントしよう!と、ネットで検索した。

IKEAというスウェーデンのインテリアショップで値段も手ごろで、デザインもいい。
日本には船橋と最近横浜にできた、二店舗だけ。早速取り寄せようとしたら、、送料だけで7900円もする~
ってな理由で、私が横浜に行ってカタカタ号に乗せて帰ってくることになった。

インテリアショップは先立つものがなくて見るだけ~が多いけどIKEAは違った。

機能的でシンプルなデザインが多くて安い!
それにものすごく合理的なシステム~!

まず入り口に紙と鉛筆(これがまたかわいい)が用意されていて、決められた導線に従ってショールームを見る。8畳だとこんなコーディネートとか想像しやすい。
実際そこで座ってみたりできる。

そのディスプレイされたものに、「棚・列」と番号が書いてあってお客様は紙にその数字をメモして最後にセルフコーナーにてものすごい広い倉庫から自分で取り出して買うのだ。

すごい合理的でしょ。
これには驚いた。最初から梱包してあるし、人の手間がかからない。

安くて、デザインもよくて、これはインテリア業界大変だな~

差別化するには、接客サービスと、一点モノ・オリジナリティーなのかな?

約束の品はゲットし、片品へ帰ります。

今回もいい勉強になったな。
これがセルフコーナーの写真。わかりやすい陳列。合理的すぎる。
20061119224642

桜木町の日本丸前でフリマがあり、初めて出店してみた。

が、、雨、、。

すぐに中止になった。

一時間くらい並べてみたが若い男性に反応があるのでびっくり!

順延になった。次回は12月23日です。

仕方ない、こんな日はツタヤだ。

今日は日本映画、「博士の愛した数式」「さよならカラー」大好きな三谷幸喜の「笑いの大学」を見て、一日が過ぎた。

「笑いの大学」の役所コウジ最高でした。お薦めです!
20061117233856

今朝、犬の散歩をしながら早速ゴミを拾ってみた。

あっという間にいっぱいで手で持てなくなった。

特にカン・ペットボトルが多い。
片品だったらどこでも水が飲めるけど、横浜では水も買うのが当たり前だから、カン・ペットボトルなどの消費量はものすごいだろうし、その分ゴミも多いのは想像できる。。

カン・ペットボトルをリサイクルするのに、どのくらいエネルギーが必要なんだろう??
出掛ける時は水筒をもとう。。

水筒にお茶を入れて、今日は鎌倉へ。

鎌倉には憧れる八百屋さんがある。

農協卸所だから地元の農家さんが集まってただ売ってるだけなんだけど、この辺の八百屋だと過剰包装してたりするのが新鮮野菜をそのままドンとおいてあるだけで、量が多すぎるとその場で半分に切ってくれたりして、、なんかシンプルだけど味があるんだよね。

最初に見たときは衝撃的だった。
四年前、ここの八百屋を見て、若い女性が手作りの雑貨やアクセサリーを選ぶみたいに野菜を選べるような八百屋をつくりたい!と思ったんだ~

よく見てみると野菜は全部表情があってみんな違うんだよ。
気に入った野菜を買ってその野菜にあった料理にすれば楽しさ二倍だよね~

今、野菜を作る側になってもあの時と気持ちは変わらないな~

一人ゆっくりと鎌倉散歩です。
20061116193158

今年最後となりました。
たくさんの野菜とマヤチャンを乗せて出発。

今日は、たあさい・しゃくしな・チンゲン菜・かぶ・大根・春菊・トマト・白菜など。

まずは高円寺へ。
高円寺の皆様、カタカタ便の野菜で野菜パーティーをしてくれたり、、ありがとうございました~
来年もよろしくね!

つづいて横浜の母校へ。

ファームウェディング以降お世話になってます。
こんな形でまた母校に通うとは、、
先生ありがとうございます!

つづいて地元。

いつも場所を提供してくれる幼なじみのS家。
おいしいお茶とケーキをいただき、感謝です。

来年は遊びに来てね!

最後にT幼稚舎のママ様方のもとへ。

今年最後にみんなが10月に植えた、しゃくしなとチンゲン菜を届けられました!
みんな覚えていてくれたよ~(T_T)

また畑に行きたいって!!
嬉しい~

元気な子供だらけで戦場と化すのに、今日もまた場所を提供していただいたS家。ありがとうございます!
本当にみんな元気で、、元気で、、。

来年もよろしくお願いします!

子供たちが幼稚舎から帰る前の(戦場と化す前の)平和なS家にて。2才のマイペース二人組の写真。

(最後だから野菜とみんなを撮りたかったのに賑やかすぎて撮れなかった、、)
20061115231115

明日は久々のカタカタ便です。

今日は畑の先生ハツミサンとマヤチャンが収穫のお手伝いをしてくれました。

明日は大豆の収穫を主に頑張ってくれた、トモチャンは岐阜へ、マヤチャンは東京へそれぞれ帰ります。

お別れにシイハラさんの新ソバフルコース!

ソバ団子・ソバクレープ・ソバガキ・ソバチップ、、

新ソバは香が全然違う!!ぜいたく~

みんな明日からそれぞれの道へ、、。

また会おうね!

明日は三時に起きてカタカタ便出発します。
20061114172632

尾瀬ドーフの無農薬大白大豆。
おかげさまで目標の12トン収穫できました!

今年は苗植えから同じメンバーが協力してくれて、本当に順調に進みました。

社長よりお食事会のご褒美。

永井酒造の古い酒蔵を改装した「古新館」で行われました。

皆様お疲れさまでした。
ありがとうございます!感謝。。
20061113065146

「炭は地球を救う」の著者、宮下 正次先生が代表の「森林の会」主催で「国産材住宅はきもちがいい」と題した講演会が前橋にて行われた。

炭焼きの師匠に連れられて私も参加。会場にて、炭と木酢液にならび炭アクセサリーも販売させていただいた。

やっぱり日々勉強だな。
それぞれの分野のエキスパートの話を聞くことで知識はなくても今の住宅の現状、外材はなぜ悪いのか、国産材の良さ。これからの山のこと。人体への影響。

住宅も農産物と同じ、トレサビリティー・ウッドマイルズの問題。やはり環境に配慮した循環型でなくてはならない。

そしてやはり炭!!!
循環型社会には炭は必要不可欠だと。

勉強になりました。

「森林の会」の懇親会にも参加させていただき、20年もつづくこの会。会長を努めるのは79才のお婆さん。
平均的に50才以上の方が多く、皆さんすごく勉強していて若々しくて素敵でした。

でも本当に危機感をもたなければならないのはこれから家をもつ私たち。
こんな素晴らしい勉強会に20代の参加者は私だけの様子。

もっと若い人達が怒りと危機感をもって参加できるような仕組みを考えていこうと思う。

どこにでも顔をだす私。今回も皆さんの前で、短時間で自己紹介をしなければならない。それで自分の印象が決まる。

最近はだいぶ慣れてきた。
宮下先生は本当に上手で、話しだすとみんなが引き込まれる。

自己表現。
どんどん参加してうまくなりたいな。

宮下先生より「人生の宝」とは、「本を読むこと」「旅をすること」「出会うこと」

また素敵な出会いをしました。
「森林の会」の皆様これからもよろしくお願いします!
20061112225854

私が住む菅沼という部落で道路愛護が行われた。

よくわからず出席したが、いつも忙しい菅沼の人がみんな集まっている、、どうやら一家で代表者が一人出席しなくてはならないらしい。

カタカタからは私が。昨夜着いたばかりのボーダー軍団からは、ナッチャンとヌッキーが参加し、高齢者チーム・オキヨアンネーとミツルアンネー・初対面のキクエさんと菅沼部落のゴミ拾い。
朝8時から二時間くらい掃除しました。

男性陣は土木工事をしたらしい、、

この道路愛護は春・秋の年に二回あるそう。

自分達の住む村はそれぞれの得意分野を活かし自分達で手入れをする。
みなさんの姿をみて、そう思いました。
そしてどんなに忙しくても参加することでコミュニケーションになり団結力が生まれるんだなぁ~
ここに居たら災害があってもみんなで助けあえそう。
横浜では近所との交流はないし、何をしている人かも知らないような環境ですが、帰ったらまずゴミ拾いからやってみようかな、、と思いました。

休憩中のオキヨアンネー・ミツルアンネーです。
20061112063111

春に仕込んだ味噌ができました~

まだ若いのですが、食べたらすごく甘味があっておいしい!!!

味噌会員の皆様にお届け、スタートしますよ。
20061111061926

豆刈りが終わったらやりたいことがありすぎてスケジュールがいっぱいだ。

今日は炭焼きのお手伝い。
炭をだして薪を入れる。顔中の穴に炭が入る。カヲルばぁちゃんより「いろんな化粧があるんだよ」

私は炭をみるとワクワクする。炭ってすごく魅力的な素材で可能性を感じる。

来年は、よっちゃんファームに炭を入れて「炭野菜」を作り、炭アクセサリーはもちろんインテリア雑貨を作り、片品の野草と炭のアレンジをしたお店を作りたい!

と妄想膨らむ今日この頃です。
20061110064932

お世話になったよっちゃんファーム、今年はそろそろお別れです。

今、10月に来た幼稚舎の子供達が植えた、しゃくしな・チンゲン菜が元気!元気!
トマトハウスを片付けて、堆肥を撒いて、今年の畑を思い返します。
味噌用に植えた大豆は見事に鹿に食べられたし、失敗もたくさんあったけど、
来年はもっと頑張るぞ!

と心に誓いながら。しばしのお別れです。
20061108062628

大豆収穫最盛期に、たくさんの人に差し入れをいただいた。

ゴミ捨てにいけば、白菜をもらったり、温泉にいけば持ちきれないほどの野菜をいただいたり、、

私たちのような生活を片品弁で「へいとー」というらしい。

シズアンネーに意味を聞くと「こじき」だそうです。

皆様、ありがとうございす。

すべていただいた野菜です。
「へいとー」生活万歳!
20061107224230

とうとう大豆の脱穀が終わりました。

あとは選別だけ。目標とする12トンに達成できるかな?
今日から自由の身になりました!
片品は今、落葉松の紅葉がきれいなんです~

散歩がてら、花咲窯へ行きました。

以前から気になっていたけどまだ訪ねたことなくて、、

初対面のはずが、「横浜のミッチャンだね。」とすでに知られていた、、

とても穏やかな夫婦で癒されました。

花咲窯の作陶展は林の中で行われるそうです。
その林を見せていただいたら、すごい~!!
落ち葉のじゅうたんを歩いてるみたいで一人で大興奮!!
片品ならではの作陶展。

すばらしいですね。

器好きの私は粉引き風のカップを豆刈り終了祝い、自分へプレゼントしました。

帰りに露天風呂にはいったら*雪が~

片品では初雪です。
20061105064931

今日は豆運び当番。

畑を軽トラで走りまくって豆を運びます。
おかげでマニュアルなんてペーパーだった私も乗れるようになりました。

農作業は本当に心身共に鍛えられる~

お手伝いに来ているマヤチャン・トモチャン手がボロボロになりながも頑張ってくれてる、、。

ありがとう。
今日は桐ダンス職人を目指すトモチャンと沼田で開催している伝統工芸展に行ってきます!
20061103075730

豆刈りが終わってもまだまだ作業は続きます。

刈って干された豆を今度は軽トラで畑ごとに山積みにして、雨に濡れないようにシートで覆い、脱穀される日を待ちます。この作業も大変なんです。 その後、72才のイケメンおじいちゃん・トモアキさん率いる脱穀機によりやっと大白大豆の姿が見えるのです。

作業はまだまだ、、その収穫された大豆を牛舎に運び(毎日1㌧)それをシートにあけて、乾燥させながら、今度は選別機という機械でゴミや木・いい大豆と使えない大豆とを分けます。
昨日は順番でその作業をしました。

900キロのいい大豆がとれ、牛舎の二階に運び、またシートにあける。一日中一人でこなしました。

都会にいる細い男の子よりも私の方が力があるよな、、

連日の作業でだいぶバテ気味。

今日は、お休みをいただきます!
20061101203410

今日のソバくるりでオヨネさん夫妻ともお別れ。

「しばらくミッチャンの顔が見れないと思って」
と朝からかぼちゃと手のひらくらいある大きなおやきを作ってきてくれた。

本当にうれしいです。

しかもこのかぼちゃホクホクしててうまい!!

ありがとう!オヨネさん!近々遊びに行きますね~
20061101203005

豆の脱穀と同時に秋ソバの脱穀もしなくては。

今日はくるりという道具をつかってソバの脱穀です。
ソバの実を採るのにこんなに苦労するとは、、

オヨネさん夫妻はリズミカルにクルクルくるりをまわしていきます。

ソバ屋さんのソバが高い理由がわかったよ。ソバがこんなに手間かかるんだね。
ありがたみがわかります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。