FC2ブログ

片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

20060430193911

伊那のお土産に、おはぎを作る70才のお婆ちゃん(とても見えない、、)ももさんから、おはぎをいただいた。
よもぎ、きなこ、麦こがし、あずき、ずんだ、里芋、くるみ、ごま、五穀、よもぎきなこ
10種類!!
本当においしい~!ほっとする味です。
日本のお母さんの味を引き継ぐには今しかないよ~。次回、伊那に行って教えてもらわなきゃ。
沢山の子供たちに、ももさんのおはぎを食べさせてあげたいな。
くつろぎ家モモ
http://www11.plala.or.jp/momo-no-ohagi/
スポンサーサイト



20060430184201

この日、初対面の私を心よく泊まらせてくださったのが「猫の窯」という天然酵母のパン屋さん夫妻。二人も私と同じ神奈川県出身。
着くなり、10種類のおはぎを作る方と、さきおりで鞄や洋服を作る方を紹介してくれた。ここでも、伊那生活塾ができるな~!
夜は片品へ遊びに来てくれたエイちゃんがお友達を連れて猫の窯へ。
世の中の矛盾や環境や食に対して「おかしいぞ~」と立ち止まる女の子が確実に増えている。
同じ価値観をもった人達で、できることからやっていけばいいね。
豪華な朝食の後、奥さんが紙テープ(配送に使うの) で作ったカゴの作り方を教えてくれた。
お昼のお弁当まで持たせてくれて伊那を後にした。
20060430133302

長野県伊那市に行ってきました。
「山造り承ります」という本を書いている、島崎先生と島崎組の方達にお会いすることができた。
78才とは思えない、先生のお元気さとお話の面白さに、私はただ引き込まれてしまった、、
島崎組のメンバーは年令や経歴など本当にさまざま。山の危機を感じて山仕事という道を選んでいるのに仕事としてなかなか成り立たないのが現状。
私がみなさんに共通して感じたのは「等身大でいる」こと。社会を恨むどころか、頑張りすぎず、無理なく、自然体でいる。何より仕事を楽しんでる!感じがとても素敵でした。
みなさん、花粉症に悩んでお金を注ぎ込むなら山を手入れしましょう!と私は思うのです。

翌日、島崎組が手入れした山を見せていただきました。山に光がさしてキラキラ輝いている!
その途中、チェンソーアーティストの小野沢さんの作品に会いました。色々な視点で山の大切さを知らせているんだな、、
30年後を考えて自分の道を選んでいる彼らは素晴らしいです。