片品生活塾

日常ー日々の暮らしこそ大切だ!と、突然都会を離れ田舎暮らしを始めた元コギャルの日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060430193911

伊那のお土産に、おはぎを作る70才のお婆ちゃん(とても見えない、、)ももさんから、おはぎをいただいた。
よもぎ、きなこ、麦こがし、あずき、ずんだ、里芋、くるみ、ごま、五穀、よもぎきなこ
10種類!!
本当においしい~!ほっとする味です。
日本のお母さんの味を引き継ぐには今しかないよ~。次回、伊那に行って教えてもらわなきゃ。
沢山の子供たちに、ももさんのおはぎを食べさせてあげたいな。
くつろぎ家モモ
http://www11.plala.or.jp/momo-no-ohagi/
スポンサーサイト
20060430184201

この日、初対面の私を心よく泊まらせてくださったのが「猫の窯」という天然酵母のパン屋さん夫妻。二人も私と同じ神奈川県出身。
着くなり、10種類のおはぎを作る方と、さきおりで鞄や洋服を作る方を紹介してくれた。ここでも、伊那生活塾ができるな~!
夜は片品へ遊びに来てくれたエイちゃんがお友達を連れて猫の窯へ。
世の中の矛盾や環境や食に対して「おかしいぞ~」と立ち止まる女の子が確実に増えている。
同じ価値観をもった人達で、できることからやっていけばいいね。
豪華な朝食の後、奥さんが紙テープ(配送に使うの) で作ったカゴの作り方を教えてくれた。
お昼のお弁当まで持たせてくれて伊那を後にした。
20060430133302

長野県伊那市に行ってきました。
「山造り承ります」という本を書いている、島崎先生と島崎組の方達にお会いすることができた。
78才とは思えない、先生のお元気さとお話の面白さに、私はただ引き込まれてしまった、、
島崎組のメンバーは年令や経歴など本当にさまざま。山の危機を感じて山仕事という道を選んでいるのに仕事としてなかなか成り立たないのが現状。
私がみなさんに共通して感じたのは「等身大でいる」こと。社会を恨むどころか、頑張りすぎず、無理なく、自然体でいる。何より仕事を楽しんでる!感じがとても素敵でした。
みなさん、花粉症に悩んでお金を注ぎ込むなら山を手入れしましょう!と私は思うのです。

翌日、島崎組が手入れした山を見せていただきました。山に光がさしてキラキラ輝いている!
その途中、チェンソーアーティストの小野沢さんの作品に会いました。色々な視点で山の大切さを知らせているんだな、、
30年後を考えて自分の道を選んでいる彼らは素晴らしいです。
20060426192719

尾瀬ドーフの畑は農薬を使用しないため、周りに他の畑がないような場所を選んでいます。
そのため山を開墾して畑を造ることも、、
今日はユンボを使って開墾しました。

5月中旬の種蒔きに向けていい畑を造らなければ!!
20060425175728

いよいよ自分達の味噌を仕込んだ。
出来たての米麹と片品産、大白大豆、食塩、水。

麹の熱がほどよく気持ちよい。
愛情いっぱい手作り味噌はグッドマザープロジェクトとして多くの「お母さん予備軍」に体験してもらいたいな。
今回は予備軍4人、先生3人で作りました。
20060422165109

24日に味噌を仕込むため今日、麹を作り始めました。
大白大豆を水に浸しておきます。
20060421180319

当たり前だけど
朝の空気。
土の匂い。
やっぱり片品最高です。
結婚式の買い出しやら打ち合せやらで横浜に居る。
横浜fカレッジ ブライダル科の学生さんたちはバスを借りて片品まで来てくれるという。
畑ウェデイングとはいえサービスだけはきちんとしたい。彼女達なら問題ない。
本校の一期生として学生さんに夢を与えられるようにしたいね。

それともう一件打ち合せ。
二年前、横浜で「間違えだらけの有機農業」という本を読んでいたら、グリーンコンシューマー研究会の矢野さんにナンパ(?)された。穏やかで品のある女性、、それが第一印象だったが話してみると、その印象プラスなんといってもパワフル!
それが縁でグリーンコンシューマー研究会の会議に、目白まで(今は池袋)何度か足を運んだ。
去年は会のメンバーも片品まで畑の見学に来てくれた。
尾瀬ドーフの理念にすっかり魅了された彼女達は都会と片品を結ぶ渡し船になりたいと言ってくれている。
今年はぜひ種蒔きから手伝っていただきたい。
特に矢野さんは某有名私立高校の先生なので生徒に農作業を体験させたい!と熱く語る。
夏の除草をやっていただきたいものだ、、お願いします。
たまに都会にくると刺激があっていいな。
それにしても土がない、、
物が溢れすぎている、、

でも中華街で大好きな水餃子と大好きなドトールはかかせず、、今晩片品へ帰ります。
20060416220044
イオン太田店へ尾瀬ドーフの販売に行ってきました。スーパーなどに商品だけを送ることはせず、かならず店からスタッフが行って販売することが社長のポリシー。なので今回は私が行ってきました。 おかげさまで全て完売。尾瀬ドーフの知名度はすごい!特に片品の花咲の湯で「豆乳入りなめらかドーフ」を食べたことがある。というお客さまが多かったなぁ。
20060415091213
5月5日に友達の結婚式をコーディネートする。私が片品村で楽しく暮らせるのは、この夫婦のおかげ。とっても光栄です。二人は夏、尾瀬の山小屋で働いたり畑を耕したりして、冬はお酒造りに新潟で暮らす。片品村が大好きで二人を慕う友人達が集まり手作りで結婚式を挙げよう!という計画。 遊楽木舎という農場が会場だ。夢のような畑ウェディング。テーマ*片品の新緑、魅力を満喫*人生最大の飲み会(二人ともすごく強いんだよね~) 私はウェディングの勉強をしていたことがあり、地元の横浜からも学生が15人応援に来てくれる。何でもありな企画をしているから少しづつ紹介したいです。まず、招待状。酒造りの際ゴミになる円形の濾過紙を再利用し手作りハンコで装飾したもの。新婦のセンスには関心するよ~みんなから、どんな式になるか今から楽しみ~と感動の声が。結局130人以上出席することになった。昼は畑、夜は打ち合せ。頑張るぞ~
20060409191526
昨晩降った雪が今朝積もってました、、いつまで降るの?午後天気が良くなり畑へ◎ 尾瀬ドーフの畑は約8町歩あります。なんとすべてスコップでまくんです!もうヘトヘト(T_T) でもこの堆肥は最高品です。おから、牛糞、もみがらのくん炭、木酢液、米糠。土作りからこだわります。誰か手伝いに来て~
20060403210619
今日も片品は雪。早く畑仕事がしたい!!仕方なく農場班の基地、牛舎にて豆の選別。 5月に蒔く種を選びます。これが結構疲れるんだよね~ 牛舎でのお昼は豪華です。*尾瀬山林塾の塾長、椎原さんの手打ち蕎麦(豆乳入りのこの蕎麦は最高!)*選別しながら炭火で煮たこんにゃく*寒いけど春を感じよう!ふきみそ *尾瀬ドーフのざるドーフ明日は晴れますように~
今日は尾瀬ドーフにフードジャーナリストの向笠千恵子先生が取材にいらっしゃいました。渋谷で働いていた三年前に「何かがおかしい、、」と思い始めたころ、先生の「日本の朝ごはん」には多大な影響を受けました。まさか片品でお会いできるとは思わず、その上ゆっくりとお話を聞かせていただけました。私の炭焼きや生活塾にも関心を示してくださっていい一日でした。この記事は、るるぶに紹介されます!
20060401224233
この冬から尾瀬備長炭という炭を焼いている須藤金次郎さん(81)のお手伝いをしている。今回もいい炭が焼けたと師匠は喜んでいた。私が楽しみにしているのは炭をだしきった後に窯に入り温浴すること。今日も木酢をたっぷり塗って45分入った。炭窯の温浴についてはまだ研究段階らしいが、先日「国炭焼き協力会」杉浦先生に教えていただいて実践中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。